ニュース
» 2015年07月24日 13時35分 UPDATE

添付ファイルの自動削除機能を追加:カスペルスキー、メールセキュリティ製品の最新版を販売開始

カスペルスキーは2015年7月24日、法人向けメールセキュリティ製品「Kaspersky Security for Linux Mail Server」の最新版(8.0.1.721)の販売を開始した。添付ファイルの自動削除機能を追加し、対応するOSのバージョンを拡充した。

[@IT]

 カスペルスキーは2015年7月24日、法人向けメールセキュリティ製品「Kaspersky Security for Linux Mail Server」の最新版(8.0.1.721)の販売を開始した。指定した条件を満たすメールの添付ファイルを削除する機能を追加し、対応OSのバージョンも拡充した。

 Kaspersky Security for Linux Serverは、Linux、FreeBSD上で動作するメールサーバー向けのセキュリティ製品。メールスキャンやフィルタリングなどの機能を持つ。Webベースの管理画面では、メールサーバーの保護ステータスや、検知されたマルウエアに関する情報を参照できる。

 最新版の8.0.1.721では、メッセージ容量や添付ファイルの形式などを条件に指定することでメッセージ破棄などの一定の処理を行う「コンテンツフィルタリング」機能に、「添付ファイルの削除」が追加された。また、新たにCentOS 7、Red Hat Enterprise Linux 7、SUSE Linux Enterprise Server 12、FreeBSD 9.3/10.1に対応し、Web管理画面はApache 2.4に対応する。

 価格は最小構成の10ユーザーで2万7900円(税別)から。パートナー経由で法人向けに販売される。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。