ニュース
» 2015年07月29日 10時39分 UPDATE

OpenStackソリューションで採用:富士通、ミドクラのネットワーク仮想化製品を全世界でOEM提供

ミドクラは2015年7月29日、「Midokura Enterprise Midonet(MEM)」で、富士通とOEM供給契約を締結したと発表した。富士通は同社のOpenStackによるプライベートクラウド構築ビジネスで、MEMを主要なネットワーク仮想化製品として展開するという。

[三木 泉,@IT]

 ネットワーク仮想化ソフトウエアのミドクラは2015年7月29日、その商用版製品「Midokura Enterprise Midonet(MEM)」で、富士通とOEM供給契約を締結したと発表した。富士通は同社のOpenStackによるプライベートクラウド構築ビジネスで、MEMを主要なネットワーク仮想化製品として展開するという。

 ミドクラと富士通は、段階的に関係を深めてきた。2014年5月には、富士通のプライベートクラウド基盤ソフトウエア「ServerView Resource Orchestrator」がOpenStackに対応、これをMidonetと組み合わせたソリューションの提供で提携を発表した。2014年10月には富士通のミドクラへの出資、およびMidonetの全世界での展開を発表した。

 富士通は2014年5月の提携以来、Midonetを再販する一方でMidonetの品質検証を進めてきており、これをもとに、今回のOEM契約に至ったという。今回の契約により、富士通はMEMを再販するだけでなく、販売後のサポートも同社として提供することになる。そのためサポートエンジニアなどのリソースを投入する。

 富士通は全世界で同社のOpenStackソリューションとともにMEMを展開する。同社は日本だけでなく、欧州でシステムインテグレーション事業を活発に展開している。ミドクラは、同社が欧州に拠点を持っていることを生かし、富士通に対するトレーニングやサポートの提供を進めていくという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。