連載
» 2015年08月07日 05時00分 公開

連載:簡単! Visual Studio 2015入門:第1回 Visual Studio 2015って何ができるの? (4/6)

[かわさきしんじ,Insider.NET編集部]

VS 2015へのサインインと規定の環境設定の選択

 VS 2015の初回起動時には、次のようなVSへのサインインを行うためのダイアログが表示される。

VSへのサインインを促すダイアログ VSへのサインインを促すダイアログ

 VSへのサインインには主に次のような効能がある。他の効用についてはこのダイアログにある[詳細の表示]リンクをクリックしたときに表示される「Visual Studio へのサインイン」ページを参照のこと。

  • VS 2015の設定の同期:複数台のPCでVS 2015を使用している場合に、キーバインド/配色テーマなどの設定がそれらのPC間で同期されるので、どのPCからでも同一の操作感でVS 2015を使用できる
  • VS Online/Team Foundation Services(TFS)への自動的な接続: VS OnlineやTFSを使用してソースコード管理を行っている場合、ここで入力したアカウント情報を用いてVS Onlineへの接続が行われる
  • VS Expressのロック解除: VS Expressは無償で利用できるが、最初の30日間はあくまでも評価期間である。この間にマイクロソフトアカウントでサインインすることで、ロックが解除される。また、Professionalなどのエディションでも30日間の評価期間がサインインにより90日間に延長される

 なお、VS 2015では1人のユーザーが複数のマイクロソフトアカウントを利用している場合に、それらを統合的に扱えるようにもなっている(会社と自宅で別々のマイクロソフトアカウントを使用している場合などに便利だろう)。詳細は「複数のユーザー アカウントを使って作業する」ページを参照してほしい。

 サインインすると、場合によっては次のようなダイアログが表示される。

詳細情報の入力画面 詳細情報の入力画面

 このときには必要事項を記入して[続行]ボタンをクリックしよう。この後、VS 2015の環境設定を行うダイアログが表示される場合がある(すでにVS 2015を使用したことがあり、サインインに使用したアカウントで設定が同期されているような状況では表示されない)。

開発設定と配色テーマを選択するダイアログ 開発設定と配色テーマを選択するダイアログ

 この画面は、標準的に使用する言語とIDEの配色テーマを選択するためのものだ。まだ「Visual Basic」を使うか、「Visual C#」を使うかなどが決まっていないのなら、取りあえずここでは[Visual C#]を選択しておいてほしい(この設定は後から変更できる。変更方法は「.NET TIPS:Visual Studio 2013:IDEの既定の環境設定を変更するには?」で紹介している。このTIPSはVS 2013のものだが、VS 2015でも同様な方法で設定できるだろう)。

 最後に右下にある[Visual Studio の開始]ボタンをクリックすれば、設定が完了し、VS 2015の画面が表示される。

[コラム] ストアアプリ開発者用のライセンス

 Windows 8.1が動作しているPCで、VS 2013またはVS 2015を使ってWindowsストアアプリの開発/テストを行っている場合、サインインの後やWindowsストアアプリ用のプロジェクトの開始時に開発者ライセンスを取得するためのダイアログが表示されるかもしれない。この場合には、ダイアログの指示に従ってライセンスを取得しよう。

 一方、Windows 10が動作しているPCを使用している場合には、開発者ライセンスの取得は不要になっている。その代わりに、開発に使用しているマシンで「開発者モード」を有効にする必要がある。例えば、開発者モードが無効な状態で、UWPアプリプロジェクトを新規に作成すると以下のようなダイアログが表示される。

開発者モードを有効化する 開発者モードを有効化する

 あるいはスタート画面にある[設定]を選択すると表示される[設定]アプリから常時、そのマシンで開発者モードを有効にもできる。[更新とセキュリティ]をクリックする。この画面で左側のペーンから[開発者向け]を選択して、右側で[開発者モード]ラジオボタンを選択する。最後に確認ダイアログで[はい]ボタンをクリックすると、そのマシンは常に開発者モードとなる。

開発者モードを常に有効にする 開発者モードを常に有効にする

 なお、本連載で取り上げるWindowsフォームアプリの開発には、開発者モードを有効化する必要はないようだ。


VS 2015のIDE画面

 次の画面がVS 2015の起動時の画面だ。なお、次の画面では画面の配色テーマを[淡色]に設定している。配色テーマはメニューバーの[ツール]−[オプション]を選択し、[オプション]ダイアログの[環境]−[全般]セクションにある[配色テーマ]で指定できる。

VS 2015のIDE画面 VS 2015のIDE画面

 この画面は、プログラム開発に必要な全ての機能が統合されている環境という意味で「IDE(統合開発環境:Integrated Development Environment)」と呼ばれる。この用語は、VS関連の記事でよく出てくるので覚えておこう。

 それでは、早速初めてのプログラムの作成に取り掛かろう。

Copyright© 1999-2017 Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。