連載
» 2015年08月10日 05時00分 UPDATE

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(38):Windows 10から消えたVPNクライアントを探せ!

Windows 10では多くの新機能が追加されていますが、一方で削除された機能もいくつかあります。今回は、Windows 8.1でOSにビルトインされていたサードパーティのVPNクライアントのサポートについてです。Windows 10では削除されたように見えますが、実は別の方法で引き続き提供されていました。

[山市良,テクニカルライター]
「Windowsにまつわる都市伝説」のインデックス

連載目次

Windows 10でサードパーティのVPNクライアントが消えた?

 Windows 8.1では、以下のTechNetサイトの「Windows 8.1の最新情報」で説明されている通り、Windows標準のVPN(Virtual Private Network)プロバイダーによるPPTP(Point-to-Point Tunneling Protocol)、L2TP(Layer 2 Tunneling Protocol)/IPSec(IP Security Protocol)、SSTP(Secure Socket Tunneling Protocol)、IKEv2(Internet Key Exchange version 2)のVPN接続に加えて、新機能としてサードパーティのVPNクライアントのサポートが標準搭載されました。

 Windows 8.1の場合、サードパーティのVPNクライアントは「PC設定」→「ネットワーク」→「接続」にある「VPN接続を追加する」を使用して作成するVPN接続でセットアップできます。Windows 8.1は標準で、Windows標準のVPNプロバイダー「Microsoft」に加えて、以下の4つのサードパーティのVPNプロバイダーを標準でサポートしています(画面1)。

  • CheckPoint VPN
  • F5 VPN
  • Juniper Networks Junos Pulse
  • SonicWALL Mobile Client
画面1 画面1 Windows 8.1のVPN接続の作成画面。Windows標準の「Microsoft」以外に、4つのサードパーティのVPNクライアントがサポートされる

 では、次の画面2を見てください。この画面は、Windows 8.1をWindows 10に無料アップグレードしたPCの「設定」→「ネットワークとインターネット」→「VPN」にある「VPN接続を追加する」のVPN接続セットアップ画面です。VPNプロバイダーとして選択できるのは、唯一、Windows 8.1のVPNプロバイダー「Microsoft」に相当するであろう「Windows(ビルトイン)」だけになっています(画面2)。

画面2 画面2 Windows 8.1からWindows 10にアップグレードした直後のVPN作成画面。選択可能なVPNプロバイダーは「Windows(ビルトイン)」のみ

サードパーティのVPNクライアントはストアにある?

 さて、サードパーティのVPNクライアントのサポートは、Windows 8.1で終わってしまったのでしょうか。

 Windows 10の「ストア」アプリで“VPN”を検索してみると、Windows 8.1にあったVPNクライアントに相当するものと思われる3つのアプリが見つかりました(画面3)。なお、「Juniper Networks Junos Pulse」は、本稿執筆時点(2015年8月7日)では「ストア」には見当たりませんでした。

  • Check Point Capsule VPN
  • F5 VPN Client
  • SonicWALL Mobile Connect
画面3 画面3 Windows 10の「ストア」アプリで“VPN”を検索した結果

 「F5 VPN Client」アプリの詳細には、本稿執筆時点で以下のように説明されています(画面4)。

This is planned to be the replacement for the Inbox F5 VPN Client application that was part of Windows 8.1 OS.(筆者による翻訳:このアプリは、Windows 8.1のインボックスF5 VPNクライアントの代替として計画されています)

画面4 画面4 「F5 VPN Client」アプリの詳細説明

 「ストア」で提供されている「F5 VPN Client」アプリは現在、開発者向けのプレビューリリース(Developer Preview release)の段階であり、Windows 10もF5ネットワークスではサポートされていないそうですが、どうやらこのアプリがWindows 8.1に標準搭載されていたVPNプロバイダーの後継になるようです。他の2つのVPNアプリにはそのような説明はありませんが、おそらく同じような対応になると思われます。

VPNアプリをインストールすると、Windows 8.1スタイルが復活!

 Windows 10に「ストア」から3つのVPNクライアントアプリをインストールすると、「スタート」メニューの「すべてのアプリ」にこれらのアプリのアイコンが追加されます。しかし、これらのアプリを開始しても“アプリの情報”が表示されるだけで、アプリからVPN接続をセットアップすることはできません。その代わり、VPN接続のセットアップは「設定」アプリから行うように指示されます(画面5)。

画面5 画面5 VPNクライアントの各アプリを開始しても“情報”が表示されるだけ。VPN接続は「設定」アプリから行うように指示される

 VPNアプリをインストール後にWindows 10の「設定」→「ネットワークとインターネット」→「VPN」にある「VPN接続を追加する」のVPN接続セットアップ画面を開くと、インストールしたVPNアプリに対応するVPNプロバイダーが追加されていました(画面6)。これで、Windows 8.1と同じスタイルでVPN接続をセットアップすることができます。

画面6 画面6 VPNアプリをインストール後のVPNプロバイダーの選択。前出の画面2と比較してみよう

Windows 8.1からのアップグレードでVPN接続は引き継がれるのか?

 ここで気になるのは、Windows 8.1に内蔵されているサードパーティのVPNプロバイダーを使用して作成されたVPN接続は、Windows 8.1からWindows 10へのアップグレードで引き継がれるのかということです。

 現在、Windows 8.1でビルトインのサードパーティのVPNプロバイダーを利用してVPN接続をセットアップしている場合は、アップグレード後に既存のVPN接続ができなくなるといった問題が発生するかもしれません。VPNアプリのインストールだけで問題を解決できるかもしれませんし、VPN接続の再セットアップが必要になるかもしれません。

 実際のところがどうなのかは、検証してみないことにははっきりしたことは言えませんが、VPNプロバイダーが「ストア」にあることさえ知っていれば、素早く問題を解決できるはずです。

「その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説」バックナンバー

筆者紹介

山市 良(やまいち りょう)

岩手県花巻市在住。Microsoft MVP:Hyper-V(Oct 2008 - Sep 2015)。SIer、IT出版社、中堅企業のシステム管理者を経て、フリーのテクニカルライターに。マイクロソフト製品、テクノロジを中心に、IT雑誌、Webサイトへの記事の寄稿、ドキュメント作成、事例取材などを手掛ける。個人ブログは『山市良のえぬなんとかわーるど』。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。