連載
» 2015年08月17日 05時00分 UPDATE

Access VBAで学ぶ初心者のためのデータベース/SQL超入門(3):Accessを使うなら最低限知っておきたいSQL文を使ったさまざまな種類のクエリ操作の基本 (1/4)

Accessを通じて、初心者がリレーショナルデータベースやSQLの基本を学び、データベースを使った簡単なシステムの作り方を習得する本連載。今回は、テーブルに「SELECT文」や「BETWEEN演算子」などのSQLを入力し、データベースに蓄積したレコードを抽出する方法を解説する。

[薬師寺国安,PROJECT KySS]
title_access.gif
Access VBAで学ぶ初心者のためのデータベース/SQL超入門

連載目次

連載の目的と前回のおさらい

 本連載はMicrosoft Access(マイクロソフトアクセス 以下、Access)を使って、リレーショナルデータベース(RDB)やSQLの基本を学び、データベースを使った簡単なシステムの作り方を習得するものだ。

 前回は、Accessにデータ入力フォームを作成し、ラベル、テキストボックス、コンボボックス、ボタンリストボックスを追加して顧客データを入力するフォームにするまでの手順を解説した

 今回は「SELECT *文」や「ORDER BY 句」などのSQLを記述して、データベースの行(レコード)を条件に合わせて抽出する方法やレコードを追加、更新、削除する方法などを解説する。SQLとは、リレーショナルデータベースのデータを操作するための言語だ。前回前々回で作成した「顧客管理.accdb」を今回も使うので、事前に準備してほしい。

事前準備

テーブルの作成

 最初に「SQL」の書き方で使用する「SQL用顧客管理テーブル」を作成する。作成手順は下記の通りだ。

  1. 「顧客管理.accdb」を開く
  2. 「ナビゲーションウインドウ」から、「顧客管理テーブル」を選択して、マウスの右クリックで表示される、「コピー」を選択する
  3. 再度「顧客管理テーブル」を右クリックし、「貼り付け」を選択すると、「テーブルの貼り付け」ダイアログボックスが表示される。名前を「SQL用顧客管理テーブル」とし、「貼り付けの設定」は「テーブルと構造とデータ」を選択し、「OK」をクリックする

 「SQL」のテスト用に使用するテーブルが作成できた。今回はこの「SQL用顧客管理テーブル」を使用する(図1)。

zu_01.png 図1 ナビゲーションウインドウ内に、「SQL」のテストに使用するテーブルが作成された(クリックすると拡大画像を表示します。以降も同じ)

SQL文でクエリを作成する

 「クエリ」とは、データベースに対する問い合わせ(処理要求)のこと。データベースやデータベースに蓄積したデータを操作するのが主な役割だ。

 クエリには、複数のテーブルを組み合わせて新たなレイアウトのデータを作成したり、目的のレコードを抽出したりできる「選択クエリ」がある。その他にも、クエリを使うとデータの追加・更新・削除を行ったり、テーブルの構成を変更したりなど、データベースに関するさまざまな操作が行える。

SQL文でクエリを編集するには

 Accessメニューの「作成」→「クエリデザイン」と選択する(図2)。「テーブルの表示」ダイアログボックスが表示されるので、右上の「×」をクリックして閉じる。

zu_02.png 図2 「クエリデザイン」を選択する

 すると図3のような画面が表示される。

zu_03.png 図3 「クエリ」画面が表示された

 図3から、Accessメニューの左端にある、「SQL」の「表示」の下の小さな「▼」アイコンをクリックして、「SQL SQLビュー」を選択する(図4)。

zu_04.png 図4 「SQL SQLビュー」を選択する

 「クエリデザイン」の画面が、図5のように「メモ帳」のような画面に変わる。ここに「SQL」文を入力していく。最初は「SELECT;」とだけ表示されている。

zu_05.png 図5 「SQL」文入力画面に変わった
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。