Special
» 2015年09月29日 10時00分 UPDATE

Cisco Smart Playの魅力がさらにアップ:もはやサーバーの新標準、Cisco UCSがさらに買いやすくなってどうしよう?

サーバーで「いいものを安く買える」プログラム、Cisco Smart Playが名前を変えて戻ってきた。新プログラム「Smart Play Select」は、特別価格キャンペーンとして、これ以上改善の余地はあるのか。

[PR/@IT]
PR

 目の肥えたユーザーに納得してもらえるサーバー製品でなければ、提供する意味がない。だが、いくらいいものでも、他社と比べた場合に買いやすく、身近な価格でなければ、多くのユーザーに受け入れられることはない。

 このことを知っているシスコシステムズは、インテル® Xeon® プロセッサーを搭載したCisco UCSで、幅広い機種を特別価格で提供する販売プログラム「Smart Play」を続け、全米でシェアナンバーワンを獲得*1するまでになった。Smart Playには、様々な構成における価格を明確に示すことを通じ、サーバー購入における透明性を高める狙いもある。

 そのSmart Playが、「Smart Play Select」という新たな名称で、2015年5月から刷新され、Cisco UCSはさらに買いやすくなった。では、これまでのSmart Playとの違いはどこにあるのか。

*1 IDC Worldwide Quarterly Server Tracker, 2015Q2, August 2015, Vendor Revenue Shareによる

ファブリック インターコネクトが単品で安く購入できる

 Smart Play Selectの、これまでとの最大の違いは、サーバーのコンポーネント単品購入でも値下げの恩恵が受けられるということだ。

 Smart Playは、ブレードサーバー、ラックマウントサーバー、ファイバチャネルスイッチなど、シスコのデータセンター製品を幅広く対象としている。このうちブレードサーバーの「Cisco UCS Bシリーズ」では、これまでサーバーブレード、シャーシ、Cisco UCSの最大の特徴であるサーバー用スイッチ「Cisco UCS ファブリック インターコネクト」、そしてクラウド管理ソフトウエアを組み合わせて複数のパッケージをつくり、これを特別価格で提供していた。必ず組み合わせパッケージセットで買う必要(=縛り)があった。

im_ait_ciscosps01.jpg 新プログラムでは、単品でも、まとめて買っても値引きが受けられる(クリックで拡大します)

 一方、新プログラムのSmart Play Selectでは、どのコンポーネントを単品で買っても、複数まとめて購入しても、値引きが受けられる。このため、すでにCisco UCS Bシリーズを購入しているユーザーが、サーバーブレードを追加購入するのにも使えるし、ラックマウントサーバーの追加にも便利だ。もちろん、UCS Cシリーズラックマウントサーバーだけ購入しているユーザーが、そこに接続するスイッチとしてフォブリックインターコネクトを後から単品で購入する敷居もグッと下がる。

他社に比べた価格面での優位性が大きく向上

 特に注目したいのはサーバー用のネットワーク/ストレージ統合スイッチである「ファブリックインターコネクト」の価格。今回のSmart Play Selectでは、2台の冗長構成で197万円。つまり、1台当たり100万円を切る価格で提供される。このファブリック インターコネクトの機種は、10Gbpsのイーサネットスイッチ機能を備える。また、この価格には、SFPケーブルも含まれている。

キャンペーンモデル名(型番) 構成概要 市場想定価格 新規顧客向け市場想定価格
48 Port FI(UCS-SPM-FI48-2X) 2×FI6248(12ポートライセンス付)、各FIで4×SFPモジュール、4×SPF-10GB 3mケーブル、4×FC SFOx4 \4,834,000 \1,970,000

※実施期間は、シスコまでの見積提出期限が2016年7月30日、オーダー締切は2016年8月27日です。キャンペーン期間中にかかわらず終了する場合があります。価格は為替の変動により変わる可能性もあります。実際の価格は、各パートナーロゴをクリックしてご確認ください。価格に保守は含まれておりません。消費税は含まれません。

ciscodistributor.jpg

netone.jpgsoftbankcs.jpgnetwworld.jpgdaiwabou.jpg

 データネットワークスイッチとストレージネットワークスイッチ、サーバ管理ソフトの3つの役割を1台で果たすファブリックインターコネクトは、Cisco UCSにおいて非常に重要な役割を果たすコンポーネントだ。Cisco UCS の特徴である「すっきり配線」「導入・構成変更作業の簡素化」「容易な拡張」「統合管理」を支える管理機能を搭載している。

im_ait_ciscosps02.jpg ファブリックインターコネクトは、様々なネットワーク機器を代替する。これが大幅に値引きされることで、Cisco UCSは他社の一般的なサーバーに比べ、価格競争力が高まった(クリックで拡大します)

 だが、これまでCisco UCSではファブリックインターコネクトは、若干高価という印象があった。このため、「すっきり配線」「導入・構成変更作業の簡素化」「容易な拡張」「統合管理」といったCisco UCSの良さは理解しながらも、導入に至らないケースが見られた。

 今回の特別価格で、これが大きく変わる。他社のラックマウントサーバー製品を導入した場合でも、イーサネットスイッチおよびファイバチャネルスイッチを冗長構成のため2台ずつ導入し、さらに管理ノードを設置しなければならない。この構成で197万円を切るというのは、至難の業だ。

 ちなみに、今回のプログラムではさらに、ファイバチャネルスイッチであるMDSシリーズも、UCSと一緒ならば、標準市場想定価格75万円のところ35万円で購入できる。

ラックマウントサーバー単品も引き続きお得に

cisco_default.png

 日本では、ラックマウントサーバーが相変わらず人気だ。

 Smart Playでは、これまでシスコのラックマウントサーバー「Cisco UCS Cシリーズ」を、手頃な価格で入手できるキャンペーン「Rack Pack」を実施してきた。このプログラムには、ラックマウントサーバーを個別に構成する時間と手間を省くことができるメリットもある。リストから、利用したい構成のサーバーバンドルを選択するだけで、Cisco UCS Cシリーズを迅速に、特別価格で調達できる。

 シスコでは、前回の「Cisco SmartPlay 8 Rack Pack」に引き続き、インテルの最新サーバー向けプロセッサー「Intel® Xeon® Processor E5-2600 v3ファミリー」を搭載した新製品M4で構成されるバンドルを「Cisco SmartPlay RackPack」として提供している。

キャンペーンモデル名(型番) CPU メモリ RAID 市場想定価格 新規顧客向け市場想定価格
C220 M4エントリ(UCS-SPR-C220M4-E1) 2×E5-2609 v3(1.9GHz 6コア) 16GB(2×8GB) 12GB SAS \564,000 \365,000
C220 M4エントリプラス(UCS-SPR-C220M4-E2) 2×E5-2620 v3(2.4GHz 6コア) 16GB(2×8GB) 12GB SAS \606,000 \398,000
C220 M4エントリ1P(UCS-SPR-C220M4-E3) 1×E5-2609 v3(1.9GHz 6コア) 16GB(2×8GB) 12GB SAS \431,000 \252,000
C220 M4エントリプラス1P(UCS-SPR-C220M4-E4) 1×E5-2620 v3(2.4GHz 6コア) 16GB(2×8GB) 12GB SAS \452,000 \303,000
C220 M4バリュー(UCS-SPR-C220M4-V1) 2×E5-2640 v3(2.6GHz 8コア) 16GB(2×8GB) 12GB SAS \788,000 \516,000
C220 M4バリュープラス(UCS-SPR-C220M4-V2) 2×E5-2650 v3(2.3GHz 10コア) 16GB(2×8GB) 12GB SAS \874,000 \599,000
C220 M4パフォーマンス(UCS-SPR-C220M4-P1) 2×E5-2660 v3(2.6GHz 10コア) 16GB(2×8GB) 12GB SAS \986,000 \712,000
C220 M4パフォーマンスプラス(UCS-SPR-C220M4-P2) 2×E5-2680 v3(2.5GHz 12コア) 16GB(2×8GB) 12GB SAS \1,106,000 \792,000
C240 M4エントリプラス(UCS-SPR-C240M4-E2) 2×E5-2620 v3(2.4GHz 6コア) 16GB(2×8GB) 12GB SAS \682,000 \473,000
C240 M4バリュープラス(UCS-SPR-C240M4-V2) 2×E5-2650 v3(2.3GHz 10コア) 16GB(2×8GB) 12GB SAS \949,000 \641,000
C240 M4パフォーマンス(UCS-SPR-C240M4-P1) 2×E5-2660 v3(2.6GHz 10コア) 16GB(2×8GB) 12GB SAS 1,061,000 \734,000
C240 M4パフォーマンスプラス(UCS-SPR-C240M4-P2) 2×E5-2680 v3(2.5GHz 12コア) 16GB(2×8GB) 12GB SAS \1,182,000 \832,000

※実施期間は、シスコに対して2016年2月27日までの発注分までです。(ただし、シスコディストリビュータに在庫がある限り上記期限を過ぎても発注可能です。お問い合わせください)キャンペーン期間中にかかわらず終了する場合があります。価格は為替の変動により変わる可能性もあります。実際の価格は、各パートナーロゴをクリックしてご確認ください。HDD、メモリ、ネットワークアダプタは追加オプションもあります(HDDはデフォルト状態ではついていません) 。価格に保守は含まれておりません。消費税は含まれません。

ciscodistributor.jpg

netone.jpgsoftbankcs.jpgnetwworld.jpgdaiwabou.jpg

Cisco UCS Miniのシャーシが実質無料?!

 日本では、少しでもスペースを節約したいという要望が強い。そうしたニーズにも応えやすいのがCisco UCS Mini。Cisco UCS Bシリーズのシャーシにファブリックインターコネクトを組み込んだ、100V電源にも対応する使いやすいブレードサーバー製品だ。中小企業や支店での利用を念頭に設計されているが、日本では大規模企業の一部でも使われてきている。より詳しくは、こちらの記事をご覧いただきたい。

 UCS Miniについては、今回は、新規購入顧客向けに前回よりさらに特別価格のSeedITというキャンペーンを提供開始した。省スペースで高性能、かつ運用性の高いブレードサーバーを試してみたいなら、今がチャンスだ。

キャンペーンモデル名(型番) 構成概要 市場想定価格 新規顧客向け市場想定価格
UCS Mini(UCS-MINI-SEED-5108) 2×6324 FI(イーサスイッチ兼FCスイッチ兼サーバ管理ソフト)、1×5108シャーシ \3,151,000 \840,000

※実施期間は、シスコまでの見積提出期限が2016年7月30日、オーダー締切は登録から6カ月以内、もしくは2017年1月23日です。キャンペーン期間中にかかわらず終了する場合があります。価格は為替の変動により変わる可能性もあります。実際の価格は、シスコパートナーのロゴをクリックしてご確認ください。価格に保守は含まれておりません。消費税は含まれません。UCS Miniの購入が初めてのお客様が対象で、お客様あたり1ユニット限定です。

ciscodistributor.jpg

netone.jpgsoftbankcs.jpgnetwworld.jpgdaiwabou.jpg

 データセンターイーサネットスイッチのNexus 9000についても、シスコでは日本の省スペースニーズに合う、1RU、2RUといった省スペースの10GBase-T製品を、新規顧客向けにANAB特別価格で提供してきた。この度、新規顧客向けの特別値引きとして更にお得なSeedITというプログラムも用意されているので、ぜひご活用いただきたい。Nexus 3000/9000についての詳細はこちらの記事をご覧いただきたい。

スイッチモデル 構成概要 ポート構成 市場想定価格 新規顧客向け市場想定価格
Cisco Nexus 9372TXスイッチ2台+QSPF(N9K-C9372TX-E-B18Q) 1RU (4.4×43.9 x 50.5cm)、ノンブロッキング、650W電源(冗長可)、100V-240V対応、L2/L3対応、12MBバッファ、ACI(Cisco SDN) 対応、(QSFP 40G BiDiトランシーバ×8付) 48×1/10GBASE-Tポート(100Mbpsもサポート)、6×40Gbps QSFP+ポート(24×10Gbps SFP+ポートしてもアダプタを使用することで可能) \3,534,000(1台あたり\1,767,000) \1,890,000(1台あたり\945,000)
Cisco Nexus 9372PX スイッチ2台+QSPF(N9K-C9372PX-E-B18Q) 1RU(4.4×43.9×50.5cm)、ノンブロッキング、650W電源(冗長可)、100V-240V対応、L2/L3対応、12MBバッファ、ACI(Cisco SDN) 対応(QSFP 40G BiDi トランシーバ×8付) 48×1/10G SFP+ポート、6×40Gbps QSFP+ポート(24×10Gbps SFP+ポートしてもアダプタを使用することで可能) \3,534,000(1台あたり\1,767,000) \1,890,000(1台あたり\945,000)

※実施期間は、シスコまでの見積提出期限が2016年7月30日、オーダー締切は登録から6カ月以内、もしくは2017年1月23日です。キャンペーン期間中にかかわらず終了する場合があります。価格は為替の変動により変わる可能性もあります。実際の価格は、シスコパートナーのロゴをクリックしてご確認ください。価格に保守は含まれておりません。消費税は含まれません。Nexus 9300の購入が初めてのお客様が対象で、お客様あたり1ユニット(2台)限定です。

ciscodistributor.jpg

netone.jpgsoftbankcs.jpgnetwworld.jpgdaiwabou.jpg

PDFダウンロード

本記事をPDF資料にまとめたものをダウンロードいただけます。

DL_button_OR.gif

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:シスコシステムズ合同会社
アイティメディア営業企画/制作:@IT 編集部/掲載内容有効期限:2015年10月28日

インテル® Xeon® プロセッサー搭載  Cisco UCS

Intel Inside® パワフルなデータセンターを

Intel、インテル、Intel ロゴ、Xeon、Intel Inside、Xeon Inside は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です。

シスコUCS販売パートナー

シスコUCS見積りシミュレーション

関連特集

Cisco UCS

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。