連載
» 2015年09月04日 05時00分 UPDATE

また昭和な転職で失敗してるの? きのこる先生の「かろやかな転職」(3):Wantedly、CodeIQ、カンファレンス 本当に有効なのはどの手段?――転職2.0現状確認会 (1/4)

プログラマーにしてWeb系企業の採用担当の「きのこる先生」が指南する、転職サービスに依存せずソーシャルなつながりなどを利用する「転職2.0」の活用法。今回は、カンファレンス転職や、コーディング型転職支援サイトなど、最近のエンジニア転職“界隈”のトレンドを紹介する。

[きのこる先生,@IT]

 エンジニアを取り巻く転職事情はここ数年で、従来の転職サイトや転職エージェントを利用するスタイルから、オープンでソーシャルなスタイルへと大きく変化しました。エンジニアが納得のいくキャリアを自律的にドライブするには、転職をどのように考え、どのように取り組めばよいのか。元プログラマー、現Web系企業人事担当者の「きのこる先生」が「かろやかに」に指南します。

t_kinokoru.jpg
また昭和な転職で失敗してるの? きのこる先生の「かろやかな転職」

連載目次

 こんにちは。プログラマーにして採用担当の、きのこる先生です。一人称は「菌類」です。頬をなでる風に秋を感じる今日このごろ、いかがお過ごしでしょうか。

 秋はきのこの季節、そして転職の季節でもあります。転職を考えているエンジニアの皆さんに、もっと働きやすい場所で、もっと活躍してほしい。そしてできれば菌類のチームで力を発揮してほしい。そんな野望に満ちた転職指南の連載「かろやかな転職」の第3回へようこそ。

 前回は「転職顕在層」「転職潜在層」という存在とパレートの法則、そしてエンジニアと企業をマッチさせるための「会社訪問」というアプローチについてお話ししました。

 今回は皆さんの転職のガイドマップとなるべく、エンジニアと企業が巡り会うための新しいアプローチとなるサービスや取り組みをご紹介します。「転職1.0」なサービスとはひと味違う、「転職2.0」の現状を確認していきましょう。

転職2.0という希望の星

 その前に、おさらいです。いまさらではありますが、転職したいエンジニアと、エンジニアを採用したい企業のそれぞれが重視するのは、どんなポイントなのでしょうか。代表的なものを幾つか挙げてみましょう。

転職したいエンジニアが求めるもの

  • やりがいのある仕事ができる
  • 好みに合った技術やツールが使える
  • 環境や収入などの待遇がよい

採用したい企業が求めるもの

  • モチベーション高く活躍してくれる
  • 企業が抱える問題を解決してくれる
  • できれば長期間働いてくれる

 このような条件がマッチすれば、エンジニアと企業はお互い気持ち良く仕事ができるでしょう。ここで大切なのは「マッチ」。つまり、単純な優劣だけではなく、エンジニアの要望と企業のニーズ、どちらも満たす転職が「成功した転職」といえるでしょう。

 しかし前バージョン「転職1.0」では、マッチングを担うのは転職サービスに所属するエージェントの仕事でした。残念なことに「エージェントはソフトウエア開発のプロではない」という問題があることは、菌類が繰り返しお伝えしている通りです。

 エンジニア自身が、そして企業自身が、主体的に「求めるもの」を公開し、エージェントに依存しないマッチングを図っていく。それをサポートするのが「転職2.0」なサービスの役割といえるでしょう。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。