ニュース
» 2015年09月24日 07時30分 UPDATE

料金は1VM1時間1セント(あるいはそれ以下):米グーグルがHadoop/Spark運用サービス「Cloud Dataproc」のベータ提供を開始

米グーグルは2015年9月23日(米国時間)、同社のクラウドサービス「Google Clooud Platform」で、Hadoop/Sparkクラスタ運用サービス、「Cloud Dataproc」のベータ提供を開始した。平均90秒というクラスタの迅速な展開と、1仮想インスタンス当たり1セント(あるいはそれ以下)という低料金が特徴。

[三木 泉,@IT]

 米グーグルは2015年9月23日(米国時間)、同社のクラウドサービス「Google Clooud Platform」で、Hadoop/Sparkクラスタ運用サービス、「Cloud Dataproc」のベータ提供を開始した。

 Dataprocは、Hadoop/Sparkクラスタの構築/立ち上げ、拡張/縮小、停止という一連の作業を自動化するサービス。Microsoft Azureの「Azure HDInsight」、Amazon Web Servicesの「Amazon Elastic MapReduce」と競合する。発表時点では、Spark 1.5およびHadoop 2.7.1を使っている。

im_ait_clouddataproc01.jpg Hadoop/Sparkクラスタ運用にかかわる一連の作業を自動化し、サービスとして提供する

 グーグルは、Cloud Dataprocの特徴として、クラスタ運用にかかわる待ち時間が短い点をアピールしている。

 「Dataprocを使わずに、オンプレミスあるいはIaaS事業者を通じてSparkおよびHadoopのクラスタを作成するには、5〜30分掛かる。これに比べ、Cloud Dataprocクラスタは立ち上げ、スケール、シャットダウンが迅速で、それぞれのオペレーションに掛かる時間は平均90秒、あるいはそれ以下だ」と、同社プロダクトマネージャーのジェームズ・マローン(James Malone)氏は同サービスを紹介するブログポストに書いている。

 もう一つの特徴は低料金。1仮想インスタンス1時間当たり、1セントという。課金は、Google Cloud Platformの他のサービスと同様に分単位で、最低利用時間は10分。

 Dataprocは、「preemptive instance」により、さらに低料金で使うこともできる。preemptive instanceとは、最長で24時間の寿命しかない仮想インスタンス。通常より最大70パーセント低い料金が設定されている。

 DataprocはBigQuery、Cloud Storage、Cloud Bigtableといったサービスと統合されており、Google Developers Console,、Google Cloud SDK、Cloud Dataproc REST APIで操作できる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。