連載
» 2015年09月30日 05時00分 UPDATE

DNS Tips:DNSメッセージサイズが512バイトなのはなぜですか?

DNS仕様において、UDPを使用した問い合わせおよび応答メッセージサイズが512バイトまでに制限されている理由を説明する。

[平林 有理(JPRS),@IT]

 RFC 1034/1035で標準化されたDNS仕様では、UDPを使用した問い合わせおよび応答メッセージサイズが512バイトまでに制限されている。これは、現在インターネットで広く用いられているIPv4において、64バイトのヘッダーを含む576バイトまでのデータを一度に受信できるデータグラムとして保証することを義務付けられていることに由来する(RFC 791で定義)。

 IPパケットのフラグメンテーションが発生する場合、パケットのロスや到着順序の入れ替わりなどを考慮した複雑な処理が必要になる。DNSではこのような処理によって負荷が増大することを避けるため、DNSメッセージサイズについて、UDPヘッダー、IPヘッダーとの合計が576バイトを超えない512バイトを最大サイズとして採用した。

 512バイトを超えるDNSメッセージのやりとりには、TCPやDNSの拡張機能であるEDNS0を利用する必要がある。

平林 有理(ひらばやし ゆうり)

ph_hirabayashi.jpg

所属:株式会社日本レジストリサービス(JPRS) システム部

学生時代に学内サーバー構築、学生貸与PCのマスターイメージ作成などを担当。研究活動の中でDNSSECに興味を持つ。2015年JPRS入社、レジストリシステムの開発・運用に従事。DNS Summer Days 2015にて「DNS Summer Daysのチュートリアルの歩き方」発表。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。