ニュース
» 2015年10月09日 14時19分 UPDATE

CTC、SAP、Virtustream、3社共同で基幹系特化型クラウドサービス 2016年4月開始

CTC、SAP、Virtustreamが、3社共同でERPに特化したクラウドサービス「CUVICmc2」を2016年4月に開始する。

[岩城俊介,@IT]

 伊藤忠テクノソリューションズ(以下、CTC)およびSAPジャパンと米Virtustreamは2015年10月9日、3社共同で基幹系システムの安定稼働に特化したクラウドサービス「CUVICmc2(キュービックエムシーツー)」の提供を2016年4月に始めると発表した。

photo CUVICmc2の特徴

 CUVICmc2は、SAPのERP(統合基幹業務システム)ソリューションをはじめとする基幹系システムに特化したクラウドサービス。SAP製ソフトウェアとの親和性の高さを強みとするVirtustreamのIaaS(Infrastructure as a Service)技術を基に、SAPをはじめとする基幹系・ERPソリューションをCTCのデータセンターから提供する。併せて、すでにSAPのERPを国内で使用する企業に対してもクラウド環境への移行サービスを用意する。

 CTCは、国内データセンターサービスとクラウドサービスの提供実績、マルチベンダー製品を使用したシステム構築やサポート提供実績に基づいてCUVICmc2を提供していく。CUVICmc2は投資効果を査定する「Advisory Service」、既存環境からの移行を支援する「構築・移行サービス」、IaaS環境のクラウドサービスである「Cloud Platform Service」、OS・ミドルウェアの運用サービスである「Cloud Cover Service」から構成され、実使用量に基づく従量課金型の料金プランを用意する。

photo CUVICmc2 IaaSのメニュー

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。