ニュース
» 2015年10月22日 19時02分 UPDATE

HPがクラウド戦略を転換:「HP Helion Public Cloud」は2016年1月末で終了へ

米HPが自社のクラウド戦略を転換。プライベートクラウド向け環境の開発にリソースを集約する。

[原田美穂,@IT]

 米ヒューレット・パッカード(HP)は、同社が提供してきたパブリッククラウドサービス「HP Helion Public Cloud」を2016年1月31日に終了する。2015年10月21日(米国時間)に、HPの上級副社長でHPクラウドのゼネラルマネジャーであるBill Hilf氏がユーザーコミュニティ向けのブログで公表した。

390_blog.png パブリッククラウドサービス撤退を告げるブログ

 HP Helion Public Cloudは、OpenStackをベースにしたパブリッククラウドサービス。HPが独自に運営してきたが、今回の発表で「顧客の要求に応え、最善の形でパブリッククラウドを提供するために、複数のパートナーベースのモデルに戦略を変更した」としている。

 HPではパブリッククラウドサービスを単独で提供し、自社のプライベートクラウドプラットフォームとの親和性を高めてきた従来のハイブリッドクラウド戦略を変更。今後はより柔軟に他のパブリッククラウドサービスとの連携を進めていく。

 HPではOpenStackをベースにしたIaaS(Infrastructure as a Service)基盤である「HP Helion OpenStack」の開発は継続し、「マネージドクラウド/仮想プライベートクラウドにリソースを集中していく」という。これについてHilf氏は、数週間以内に「非常にエキサイティングな発表を行う予定」だとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。