連載
» 2015年10月28日 05時00分 UPDATE

DNS Tips:「再帰問い合わせ」と「非再帰問い合わせ」の違いを教えてください

DNSの名前解決における「問い合わせ」のうち、「再帰問い合わせ」と「非再帰問い合わせ」の違いを解説する。

[久保田 秀(JPRS),@IT]

 DNSの名前解決は、クライアントからの名前解決要求を受けたキャッシュDNSサーバーが権威DNSサーバー群との間で反復検索を行い、その結果をクライアントに返すことによって行われる。

 このときに、クライアントからキャッシュDNSサーバーに送られる問い合わせを「再帰問い合わせ」と呼び、キャッシュDNSサーバーから権威DNSサーバー群に送られる問い合わせを「非再帰問い合わせ」と呼ぶ。

 再帰問い合わせと非再帰問い合わせはパケットのRD(Recursion Desired)フラグの内容によって区別され、再帰問い合わせではRDフラグが1、非再帰問い合わせではRDフラグが0となっている。

 再帰問い合わせを受け取ったDNSサーバーは、自身が再帰問い合わせを受け付ける設定になっている場合、名前解決が完結するまで権威DNSサーバー群をたどり、その結果を要求元に返す。一方で、受け取った問い合わせが非再帰問い合わせだった場合、DNSサーバーは自身が返せる情報のみを応答し、他のDNSサーバーへ問い合わせを行うことはない。

久保田 秀(くぼた しゅう)

ph_kubota.jpg

所属:株式会社日本レジストリサービス(JPRS) システム部

学生時代に研究室内のネットワーク、およびシステム管理を担当。2014年にJPRS入社。レジストリシステムの開発に従事。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。