ニュース
» 2015年11月02日 12時20分 UPDATE

サポート体制も整備:シスコ、レッドハットがUCSベースのOpenStackを日本で共同展開

Cisco UCSとRed Hat Enterprise Linux OpenStack Platformの検証済み構成とサポート体制の整備で、OpenStackの導入ハードルは下がるか。

[原田美穂,@IT]

 レッドハットとシスコシステムズ(シスコ)は2015年11月2日、オープンソースのInfrastructure as a Service(IaaS)構築基盤ソフトウエア「OpenStack」をベースにした「Cisco UCS Integrated Infrastructure for Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform(UCSO)」の日本国内での展開を発表した。

 UCSOは、シスコのクラウドインフラ向け製品である「Cisco Unified Computing System(UCS)」と「Cisco Application Centric Infrastructure(ACI)」に、レッドハットが提供する商用OpenStackディストリビューションである「Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform」を組み合わせ、検証済み構成で提供することで、OpenStack環境の導入ハードルを下げる狙いだ。

 UCSOは同日よりレッドハットの国内OpenStack認定パートナーおよびシスコの国内認定販売パートナーを通じて提供される。

 両社では、クラウドサービスプロバイダーやプライベートクラウド構築を担うシステムインテグレーターおよび自社でプライベートクラウドを運営する中堅〜大企業の情報システム、通信、公共、金融など、主に大規模なクラウドインフラを設計・構築・運用する組織を販売対象と見ており、今後、同製品の普及を目指し、パートナー企業を対象としたマーケティング活動を共同で展開するとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。