Loading
ニュース
» 2015年11月05日 08時36分 UPDATE

「究極の選択肢を提供」:レノボへのOEM供給を発表、米ニュータニックスの進める「超ハイパーコンバージド」戦略

ハイパーコンバージドシステムの主要ベンダーである米ニュータニックスは2015年11月4日(米国時間)、レノボとの提携を発表した。ニュータニックスはレノボに対してソフトウエアをOEM供給し、レノボはこれを自社のハードウエアに搭載して世界的に販売する。これは、「選択肢があることの価値」提供を目指すニュータニックスの戦略の一環ともいえる。

[三木 泉,@IT]

 ハイパーコンバージドシステムの主要ベンダーである米ニュータニックスは2015年11月4日(米国時間)、レノボとの提携を発表した。ニュータニックスはレノボに対してソフトウエアをOEM供給し、レノボはこれを自社のハードウエアに搭載して世界的に販売する。具体的な製品については2015年12月初旬に発表し、提供開始は2016年第1四半期になるという。

 ニュータックスはすでに、x86サーバーで第2位のマーケットシェアを持つデルに対し、OEM供給を行っている。レノボのマーケットシェアは第3位。ニュータニックスは、今回の発表により、サーバー分野で第2位、第3位のベンダーと提携することになったことの意味を強調する。また、米ニュータニックスの創業者兼CEOであるディーラジ・パンデイ(Dheeraj Pandey)氏は、今回の発表に関するブログポストで、ハイパースケールデータセンター向けのODMと、プライベートクラウド向けのハイパーコンバージドシステムOEMの動きが、サーバーの世界を変えつつあると書いている。

 ニュータニックスは、ストレージをサーバーに集約したアプライアンス、いわゆる「ハイパーコンバージドシステム」の先駆者の一社。だが、これを超える存在を目指した動きを、特に2014年後半以降、活発化している。

米ニュータニックス マーケティング担当シニアバイスプレジデントであるハワード・ティン氏

 米ニュータニックスのマーケティング担当シニアバイスプレジデントであるハワード・ティン(Howard Ting)氏は2015年9月、「Optionality Value(選択肢があることの価値)」という言葉を使い、筆者に話していた。

 まず、ハードウエアは1U、2Uのアプライアンスがベースだが、サーバーノード数、メモリ搭載量、記憶媒体の種類、容量など、さまざまな構成が可能になっている。

 ハイパーバイザーも、以前はVMware ESXiのみだったが、2014年後半にHyper-Vサポートを発表、さらに2015年には、KVMベースのハイパーバイザーを選択肢に加えた。ティン氏は9月時点で、ニュータニックスをVMware vSphereで使っている顧客は80%に減少したと話した。「当社の最大の顧客は、1500のニュータニックス・ノードを、全てKVMで動かしている」。複数の仮想化環境を統合管理できるよう、同社の管理ツールは機能強化が進んでいる。

 VMware ESXi/VMware vSphereとKVMを混在で使う顧客も増えつつあるという。業務アプリケーションはvSphereだが、ソフトウエア開発・テストやデスクトップ仮想化(VDI)はKVMで動かす動きが出てきているという(同社は2015年8月、XenAppおよびXenDesktopについて米シトリックスシステムズと提携した)。「現在はVMware vSphereで満足している顧客でも、今後KVMやHyper-Vに移行したいと思ったら、いつでもこれを実行できるという安心感も得られる」

 興味深いのは、ニュータニックスが「App Mobility」と呼ぶ機能強化。これは数年を掛けて同社が進めていく取り組みで、異なるハイパーバイザー間の仮想マシン移行を透過的に行う。

 関連して、クラウドとの連携強化も進めている。この機能はAmazon Web Services(AWS)へのバックアップからスタートしたが、ディザスタリカバリ、バースティング(クラウドへのオンデマンドでの仮想マシン投入によるスケーリング)に進化していくという。また、AWS以外のパブリッククラウド事業者にも対応していくという。

 今回のレノボとの発表は、選択肢の拡大という観点でいえば、ユーザー組織にとってニュータニックスの入手機会が広がることを意味し、デルに続いてハードウエアベンダーを信頼する組織のニーズに応えやすくなる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

Focus

- PR -

編集部からのお知らせ

@IT編集部では、編集記者を募集しています。ご興味のある方は奮ってご応募ください。

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。