ニュース
» 2015年11月05日 17時36分 UPDATE

行動ターゲティングシステムをAWS上で:ユーザー行動を解析、レコメンデーションのリアルタイム化を目指す――オープンストリーム

オープンストリームは、ユーザーの行動をリアルタイムに収集・蓄積するクラウド型サービス「LogStream(ログストリーム)」の提供を開始した。リアルタイムのレコメンデーションシステムを構築したり、ユーザーの導線を解析したりできる。

[@IT]

 オープンストリームは2015年11月5日、ユーザーの行動をリアルタイムに収集・蓄積するクラウド型サービス「LogStream(ログストリーム)」の提供を開始した。同時に、モデリング解析・通知サービス「RecoBee(レコビー)」(仮称)の開発を開始したことも明らかにした。

 LogStreamは、モバイル端末やIoT(Internet of Things:モノのインターネット)などが備えるGPS情報、センサーによる移動速度や姿勢情報、基地局から得られる詳細な位置情報などを収集する。これらの情報を解析して、「立つ」「座る」「歩く」「走る」といったユーザーの行動を認識できるという。対象とするデバイスに制限はなく、解析に必要なデータを取得できるものであれば利用できる。この仕組みを利用することで、リアルタイムのレコメンデーションシステムを構築したり、ユーザーの導線を解析したりできる。

mhlogstream.png LogStreamとRecoBeeを組み合わせたシステム構成図のうちLogStreamが提供する機能

 これらは同社独自のデータ処理技術を利用して実装している。またAPIを介してBI(Business Intelligence)などのデータ解析ツールや各種通知サービスといった外部のデータ活用システムと連携できる。

 オープンストリームでは、これらのシステムをAmazon Web Services(AWS)上で構築することで、調達期間などを短縮し、迅速なサービス立ち上げを実現。低コストで利用可能にしたという。

 一方、RecoBeeは、LogStreamによって収集・蓄積したデータを処理して、ユーザーの行動を解析するシステムになるという。データを容易に可視化して、リアルタイムレコメンデーションなどを可能にするものとして開発される。

mhrecobee.png LogStreamとRecoBeeを組み合わせたシステム構成図のうちLogStreamが提供する機能

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。