連載
» 2015年11月10日 05時00分 UPDATE

経済評論家・山崎元の「エンジニアの生きる道」(19):ハイスペックPCを買うべきか、我慢すべきか――今から考えておきたい老後の資産 (1/3)

エンジニアがエンジニアとして生き残るためには、ビジネス的な観点が必要だ。ビジネスのプロである経済評論家の山崎元さんがエンジニアに必要な考え方をアドバイスする本連載。今回は老後の資産について考える。キーワードは「360」だ。

[山崎元,@IT]
title_yamazakig.jpg
経済評論家・山崎元の「エンジニアの生きる道」

連載目次

 エンジニアが社会で生き抜くための考え方やノウハウを伝授する本連載。前回は、マーケット感覚を持つことの必要性を解説した。今回は、老後の資産について解説する。

※この連載は、Webサイト『経済評論家・山崎元の「エンジニアの生きる道」』を権利者の許可を得て転載、@IT編集部が編集を行っています。

「安心な老後」には幾ら必要か?

 仕事をリタイアするまでにお金を幾らためたら安心なのか――マネー雑誌などでしばしば取り上げられるテーマだが、自信を持って答えられる人は少ない。エンジニア読者も、この質問には手を焼くと思う。将来を想定することは難しいからだ。

 雑誌などの老後特集では、漠然と「3000万円ぐらいあれば、まあまあだ」といった数字が載っていることが多いが、中には「1億円なければ不安だ」といった数字を挙げる論者もいる。日本の平均的なサラリーマン世帯の金融資産は1100万円程度だし、中央値では500万円ぐらいなので、どちらの数字を信じるにせよ、老後の安心へのハードルは高い。

 筆者はお金の運用のプロだが、このテーマの答えは「生活による」としか言いようがない。それでは困るという読者のために、老後問題を考えるときに持っていてほしい「心構え」を三つ紹介しよう。

img_ew19_01.jpg
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。