ニュース
» 2015年11月10日 12時51分 UPDATE

ボタン一つでエントリー可能に:Wantedlyが求人支援のOpen APIをリリース

Wantedlyが自社サービスのAPIを公開。企業の求人ページでエントリーを完了させられる仕組みを用意した。

[原田美穂,@IT]
image_wantedly.gif Wantedlyの企業ページの例(画像はアイティメディアのもの)

 2015年11月9日、SNS型の求人サイトを運営するウォンテッドリーが、自社で運営するSNS「Wantedly」のOpen APIを公開した。

 「話を聞きに行きたい」ボタン、「会社フィードボックス」、「フォーム自動入力」ボタンを、Wantedly以外のサイトでも利用できるようになる。

 例えば、サイトにWantedlyと連携した「話を聞きに行きたい」ボタンを設置すると、Wantedlyでプロファイル登録済みのユーザーであればボタンを押すだけでエントリーが完了する。

 また「会社フィードボックス」では、Wantedlyに投稿した情報をサイトに埋め込むことができる。さらに「フォーム自動入力」ボタンでは、Wantedlyの登録プロファイルを自動入力できる。

mhimage_wantedlyapi.gif 各APIの概要

 本APIのリリースに際して、サイバーエージェント、クックパッド、ヤフー、ディー・エヌ・エーがローンチパートナーになっており、各社の採用ホームページで先行して導入するという。ウォンテッドリーでは年内で100社にOpen APIを導入することを目指す。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。