ニュース
» 2015年11月10日 17時00分 UPDATE

デル、Nutanixソフトウエアを搭載した分散型ストレージ「Dell XCシリーズ」に新モデル

PowerEdgeサーバーとNutanixソフトウエアで構成するWebスケールコンバージドアプライアンス「Dell XCシリーズ」に新モデルが加わる。

[岩城俊介,@IT]

 デルは2015年11月10日、分散型ストレージ「Dell XC Webスケール・コンバージド・アプライアンス」(以下、Dell XCシリーズ)の新モデルを発表。データセンター向け「XC6320」、グラフィックスを多用するワークロード処理向け「XC730-16G」、小規模な仮想環境向け「XC430-4」、計3モデルを新たに提供する。

photo Dell XC6320

 Dell XCシリーズは、コンピューティング、ネットワーク、ストレージというデータセンターの主要なコンポーネントを1台の1Uないし2Uのシャシーに統合したアプライアンス。Dell PowerEdgeサーバーと米ニュータニックスからOEM提供された「Nutanixソフトウエア」で構成され、同社では「Webスケールコンバージドアプライアンス」と呼んでいる。個々のサーバーに内蔵されたストレージを束ねて単一のストレージプールを構成できるストレージ仮想化ソフトウエアによって、アプライアンスを並べていくだけでシンプルにスケールアウト(システムの拡張)していける特徴を持つ。

 Dell XCシリーズは、ニュータニックス独自の分散ファイルシステムであるNDFS(Nutanix Distributed File System)を搭載する。仮想的にストレージをプール化して管理できるため、LUN(Logical Unit Number)、ボリューム、RAIDグループを個別に管理する従来型のストレージ管理が不要となる。デルの試算によると、サーバー、ストレージ、ネットワークの3層構造となる従来型ソリューションに対し、デスクトップ仮想化インフラの導入を約6倍の速さで導入でき、3年間で最大27%のコスト削減を実現可能という。

photo Dell XC730-16G

 新ラインアップは、高密度コンピューティングやサービスプロバイダー、プライベートクラウド向けにPowerEdge C6320を用いた「XC6320」(2U/4ノード型)、グラフィックスを多用するワークロードやアプリケーションを使うユーザー向けVDIにGPUを内蔵するPowerEdge R730を用いた「XC730-16G」(2U/1ノード型)、小規模な仮想環境向けPowerEdge R430を用いた「XC430-4」(1U/1ノード型)の3モデル。価格はXC6320が2178万円(税抜、以下同)から、XC730-16Gが1193万円から、XC430-4が411万円から。それぞれ3年間プロサポートと4時間対応のオンサイト保守サービス(24時間365日)の保守料も含まれる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。