ニュース
» 2015年11月12日 10時30分 UPDATE

Secure Islandsの買収を発表:マイクロソフトがWindows、Office 365などのドキュメント保護機能を強化

米マイクロソフトがSecure Islandsの買収を発表。Azure Rights Management Serviceへの機能取り込みなどが予定されている。

[@IT]
mh_ms_blog.gif 買収を発表したブログ

 米マイクロソフトは2015年11月9日(米国時間)、ドキュメント保護の分野で実績のあるイスラエルの企業、Secure Islands Technologies(以降、Secure Islands)を買収する契約が合意に至ったと発表した。米マイクロソフトのクラウド&エンタープライズ事業担当副社長である沼本健氏がブログで開示したもの。

 Secure Islandsは「IQProtector」という製品を中心に展開しており、金融大手のUBSやクレディスイスなどのグローバル企業でも採用されている。IQProtectorはドキュメントの分類、保護、損失防止などの機能を持つ。

 Secure Islandsはパートナー企業としてマイクロソフトのドキュメント保護機能と連携するソリューションを提供してきたが、このブログを公開した2015年11月9日には、新たに「Azure Rights Management Service(Azure RMS)」にも対応した。

mhimage_secureile.gif Secure IslandsのWebサイト

 沼本氏はブログで、Secure Islandsの買収が「オンプレミスやマイクロソフトが提供するAzure、Office 365などのクラウドサービスにとどまらず、サードパーティーのサービスやiOS、Androidデバイスなどを含め、あらゆる企業のビジネスデータがどこにあろうと安全に保護するマイクロソフトの能力を強化するものになる」と述べている。

 今後、マイクロソフトはSecure IslandsのテクノロジーをAzure Rights Management Serviceに組み込み、非常に厳格なドキュメント保護やコンプライアンスの要件にも対応できる柔軟なアーキテクチャを開発し、「業界で最も対象範囲の広いデータ保護ソリューションをユーザーに提供していく」(沼本氏)としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。