Special
» 2015年11月13日 07時00分 公開

野村総合研究所が選択したDB基盤:金融機関向けSaaSに必要な三つの要件。Oracle Exadataはどう応えたか (1/4)

金融機関のミッションクリティカルな業務で利用されるクラウドサービスには、当然ながら可用性やパフォーマンス、災害対策などを高いレベルで実現することが求められる。これらの要件を満たしたサービスを提供する野村総合研究所では、国内銀行業界で高いシェアを誇る金融機関向けSaaS「BESTWAY/JJ」のデータベース基盤に「Oracle Exadata」を採用した。[プライベートクラウド/データベース統合][パフォーマンス改善][Engineered System]

[PR/@IT]
PR

金融機関の業務を支える「ビジネスプラットフォーム」へのIT投資に力を入れるNRI

 「コンサルティング」と「産業ITソリューション」「IT基盤サービス」、そして「金融ITソリューション」という四つの事業領域でビジネスを展開する野村総合研究所(以下、NRI)。それぞれの領域に向けて提供される同社ソリューションに対する評価は高く、大手企業を中心とする顧客企業から厚い信頼を置かれている。

(「Oracle CloudWorld Tokyo 2015」における野村総合研究所講演資料より)

 海外でも例えば「FinTech(Financial+Technology)」と呼ばれる金融ITソリューションの領域では、米国の金融専門メディアである『アメリカン・バンカー』、および金融関連の情報サービス会社であるIDCフィナンシャル・インサイトがそれぞれ発表する「金融ITサービス企業のランキング」において、2014年はいずれもトップ10入りを果たしている。

(「Oracle CloudWorld Tokyo 2015」における野村総合研究所講演資料より)

 この金融ITソリューションの領域で、NRIは証券会社や株式市場、銀行、資産運用会社、保険会社などに対して各種ビジネスプラットフォームを提供しており、いわば「資本市場を支える存在」となっている。その重責を果たすべく、同社は近年、ビジネスプラットフォームへのIT投資を積極的に進めてきた。その状況について、日本オラクルが2015年4月に開催した「Oracle CloudWorld Tokyo 2015」で講演に立ったNRI 執行役員の竹本具城氏(クラウドサービス本部 本部長)は、次のように説明する。

野村総合研究所 執行役員 クラウドサービス本部 本部長の竹本具城氏

 「ビジネスプラットフォームのR&D(研究開発)やソリューションの開発、それを活用するためのBPO(Business Process Outsourcing)に対して、当社は積極的な投資を続けています。また、ソリューション群やASP群を運用するためのインフラ領域についても、具体的な投資計画があります」

 このインフラ投資の一環として同社が導入したのが、オラクルの「Oracle Exadata」だ。以降では、竹本氏による講演の内容を基に、金融機関向けビジネスプラットフォームのデータベース基盤としてNRIがOracle Exadataを採用した経緯と、その導入効果を紹介する。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:日本オラクル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:@IT 編集部/掲載内容有効期限:2015年12月12日

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。