ニュース
» 2015年11月25日 14時17分 UPDATE

サービス化が進む企業ITのインフラ運用:他社システムもハイブリッドクラウドも対象、運用管理を「一括定額サービス」で提供

日本IBMが2015年末から企業IT全体の運用管理と監視業務を一括で代行するサービスを開始する。自動化や運用プロセス整備と併せ、一括運用することで低コストを実現したという。

[原田美穂,@IT]
mh_ibmpress.gif 日本IBMのプレスリリース

 日本IBMは2015年11月24日、「IBM Integrated Managed Infrastructure (以下、IMI)」を発表、2015年末からサービスを開始する。24時間のリモート監視・管理サービスで、100台のWindowsサーバー、5年の管理・監視の場合、1台当たりの価格は1万6000円(税別)からとなる。

 IMIは、企業ITシステムで求められる稼働状況監視や障害復旧、パッチ適用、運用リポート作成などの監視・管理業務を支援するサービス。

 サービス開始までの期間は標準で三カ月。IBMが持つマネージドサービスなどの知見を生かした効率的なプロセスによる運用、自動化ツールの活用などにより、低コストと迅速なサービス提供を実現しているという。

  IMIでは、サーバー、ストレージ、ネットワーク機器の他、IBMのIaaS(Infrastructure as a Service)である「SoftLayter」をはじめとするクラウドサービスも監視・管理の対象にできる。このため、国内本社機能、海外販社、製造拠点などで別々のクラウドサービスを利用している場合であっても、監視・管理体制を一元化できるようになる。日本IBMではIMIを利用することで、ITシステム運用の効率化および、サービスレベル品質の統一も測ることができるとしている。

mh_ibmus_site.gif 米IBMのIBM Integrated Managed InfrastructureのWebページ。IDCの調査を基に同サービスを利用した場合の利点を示している

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。