ニュース
» 2015年12月02日 18時00分 UPDATE

アプリ内埋め込みOKライセンス始めました:アプリ・ゲーム開発向けのフォントライセンスが登場

フォントワークスは、スマートフォンのゲームやアプリで利用するフォントに関するライセンス「オプション アプリ・ゲームLETS拡張ライセンス」の提供を開始する。

[@IT]

 フォントワークスは2015年12月1日、スマートフォンのゲームやアプリで利用するフォントに関するライセンス「オプション アプリ・ゲームLETS拡張ライセンス」の提供を開始すると発表した。

 これは既存の「オプション ゲームLETS拡張ライセンス」の利用範囲を拡大し、これまでは許諾されていなかったアプリ内にフォントを組み込むことなどを可能としたライセンス。提供開始時期は、2015年12月初旬の予定だ。

 新たに許諾された利用範囲は以下の通り。

  1. 文字入力機能でのフォント利用
  2. フォントファイルの埋め込み(フルセットまたはサブセット)
  3. フォントアウトラインデータの使用
  4. Flashファイルへのフォントの埋め込み

 対象となるのは、LETSで提供する全てのフォント(ただし、中国語フォントを除く)。SNS系のアプリやニュース系アプリ、エンタメ系アプリ、辞書系アプリ、カタログ系アプリなどで利用できる。

lets_kakutyo.png 「オプション アプリ・ゲームLETS拡張ライセンス」の許諾範囲(出典:フォントワークス)

 ただし、ハードウエアへの組み込みやサーバーでの利用の他、電子書籍ビュワーや動画ビュワーなどでは利用できない。また、Unityなどのミドルウエアで利用する場合は別途問い合わせが必要だ。

 LETSそのものは、複数メーカーのフォントが使用できる年間契約のフォント導入システム。311書体のフォントワークスコレクション、51書体の白舟書体コレクション、5530書体の欧文フォントコレクションの3つのコレクションからなり、日本語、欧文、韓国語、中国語の各種フォントを提供している。

fontimage.gif 今回のライセンスで利用できる書体の中には甲骨文字も(白舟書体コレクション、フォントワークスの書体見本より)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。