ニュース
» 2015年12月04日 15時15分 UPDATE

Simple ADも継続提供:AWS、Active Directoryのマネージドサービス「Microsoft AD」を提供開始

米Amazon Web Services(AWS)は2015年12月3日(米国時間)、Microsoft Active Directoryをサービスとして提供する、「AWS Directory Service for Microsoft Active Directory (Enterprise Edition)」(Microsoft AD)の提供開始を発表した。

[三木 泉,@IT]

 米Amazon Web Services(AWS)は2015年12月3日(米国時間)、Microsoft Active Directoryをサービスとして提供する、「AWS Directory Service for Microsoft Active Directory (Enterprise Edition)」(Microsoft AD)の提供開始を発表した。

 Microsoft ADは、AWSがActive Directoryをマネージドサービスとして、時間課金で提供するもの。Windows Server 2012 R2を用い、Active Directoryのドメインコントローラーを冗長構成で運用する。ユーザー組織は、これをVPC内のサービスとして使える。ディレクトリサーバーの監視/復旧、データ複製、スナップショット、ソフトウエア更新はAWS側で自動実行するという。

 Microsoft ADでは、ユーザー組織のオンプレミスのActive Directoryとの間での信頼関係構築および複製が可能。また、AWSのアプリケーション(WorkMail、WorkSpaces、WorkDocs)もこれに対応している。このため、ユーザー組織内のエンドユーザーは、シングルサインオンの下で、オンプレミスのアプリケーション、AWSアプリケーション、さらにAWS上で動かしているAD対応のアプリケーションを利用できる。

 AWSでは、これまでActive Directory関連のディレクトリサービスとして、「Simple AD」を提供してきた。こちらはSamba 4を用いたActive Directory互換のディレクトリをAWSが運用し、サービスとして提供するもの。オンプレミスのActive Directoryとの間での信頼関係構築はできない。Simple ADは今後も利用できる。

im_ait_microsoftad01.jpg 東京リージョンでのMicrosoft ADとSimple ADの価格

 AWSでは、オンプレミスのActive Directoryとの間での信頼関係が要る、あるいは5000以上のユーザーがいる場合には、Simple ADではなくMicrosoft ADを使うべきとしている。Microsoft ADの料金は、Simple ADの約2倍となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。