ニュース
» 2015年12月08日 17時07分 UPDATE

SwaggerやMQTTにも対応:APIの開発、公開、利用がはかどるAPIテスト自動化ツール、API仮想化ツール

テクマトリックスはAPIテスト自動化ツールおよびAPI仮想化ツールの新版を販売開始した。APIの品質確保や開発の効率化、APIのバージョンアップに伴うメンテナンス作業の軽減、デグレ防止などを支援するという。

[@IT]

 テクマトリックスは2015年12月7日、APIのテストを支援するツール「Parasoft SOAtest 9.9」(以下、SOAtest)と「Parasoft Virtualize 9.9」(以下、Virtualize)の販売を開始した。前者はAPIの提供側、後者はAPIの呼び出し側、それぞれに向けたテストツール。

 両者とも、RESTやSOAP、JSON、Swagger、MQTT、Protocol Buffers(protobuf)などの技術やプロトコルに対応している。

API開発におけるテストを自動化するSOAtest

 SOAtestは、主にWeb APIやSOAP、MQ、JMSといったWebサービスのAPIを提供する側の開発における、機能テストや回帰テスト、パフォーマンステスト、負荷テストを自動化する。APIの品質確保や開発の効率化、APIのバージョンアップに伴うメンテナンス作業の軽減、デグレ防止などの効果を見込めるという。

 テスト実行時には、期待値とテスト結果の差異を自動でリポートする。既存のテスト資産を回帰テストに活用し、検証を自動化できる。また、機能テストや回帰テストで使用したテスト資産を、非機能要件の検証で必要なパフォーマンステストや負荷テストに応用可能だ。

 SOAtest 9.9では新たに「Environment Manager」を追加した。これは、Webブラウザーを使ったユーザーインターフェースでテスト資産の作成や編集、実行、実行のスケジューリングを可能にするテストプラットフォーム。Excelマクロのように操作を記録することで、テストシナリオも作成できる。これらの操作やテスト資産の管理は、従来のEclipseを利用することなく実施可能となり、開発者以外でも、複数メンバーが並行してテスト資産の作成などを行えるようになった。

SOAtestでREST APIに対してテストを実行した結果(資料提供:テクマトリックス)

APIを仮想化するVirtualize

 一方のVirtualizeは、APIやデータベースの挙動を模倣するAPI仮想化ツール。実際のAPIやデータベースを必要とせず、早い段階からAPIを利用するテストを可能にする。これまでの機能間の連携を伴うテストでは個々のAPIの開発が完成していることが前提だったが、Virtualizeを利用することで、APIの完成を待たずに結合テストを実施できる。

 RESTやJSON、SOAPなど、さまざまなプロトコルで送受信する仮想化資産(テストスタブ)をあらかじめ用意してある。RAML、Swagger、WADL、WSDL、XMLスキーマなどの定義ファイルから仮想化資産を自動生成したり、業務上の一連の操作を行った際に発生したHTTP、HTTPS、MQ、JMSのトラフィックを使用して、テストシナリオの実施に必要な仮想化資産を自動生成したりすることが可能。

VirtualizeでAPIを仮想化する際に、実際のデータベースと接続し、テスト対象のAPIのトラフィックを記録。テストスタブを自動生成する(資料提供:テクマトリックス)

 いずれのツールも、Windows 7/8.x/10、Windows Server 2008/2012、Linuxに対応する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。