ニュース
» 2015年12月17日 18時00分 UPDATE

IoTデータ素材の提供・調達の場を用意:IoTデータ交換を仲介、EverySenseがサービス提供開始

米EverySenseは、インターネットに接続した機器間のデータ交換を仲介するサービスを開始する。同サービスで利用可能な汎用環境センサーの一般向け販売も始める。

[@IT]

 米EverySenseは、インターネットに接続した機器の間でのデータ交換を仲介する「IoTデータ交換取引所」を2015年12月17日に開設し、トライアル会員サービスの運用を開始することを明らかにした。加えて、同サービスで利用可能な汎用環境センサー「EveryStamp」の一般向け販売を同社Webサイト上で開始し、出荷を2015年12月下旬から出荷することも発表した。

 EverySenseでは、データ提供者を「ファームオーナー」、データ利用者を「レストランオーナー」と呼び、両者を仲介する。

材料(データそのもの)と加工(データからの情報獲得)の関係を、農園とレストランの関係で表現

 レストランオーナーが設定した条件を「レシピ」と呼び、ファームオーナーにデータ提供を呼び掛ける。これを「オーダー」と呼ぶ。ファームオーナーがデータを提供すると、データの量と質によりEverySenseの独自ポイントがレストランオーナーから付与される。学術研究や社内システムとして利用する場合は、ポイントを提供しないことも可能。

 EverySenseでためた独自ポイントは、EverySenseが提携しているポイント交換サイト「PointExchange」で、ギフト券や現金、他社のポイントへ交換できる。またデータ利用者として、たまったEverySenseポイントを使って他のファームオーナーのデータを入手することもできる。

 EverySenseでは、ファームオーナーがデータの提供先や価値を自分で決める。個人情報はブロックし、データは抽象化するので、安心してデータを提供できるとしている。また、レストランオーナーも利用承諾を受けた抽象化データのみを入手できるので、必要以上にプライバシーや個人情報を抱え込むことなく、安心して利用できるという。

 EverySenseでは、次の4通りのデータ提供方法を用意する。

(1)各種センサーやIoTデバイスなどから、直接HTTPでEverySenseにデータを提供する

 既存の機器を改造することなく、EverySenseのサイトから登録できる。EverySenseではリファレンスプロダクトとして、IoT対応の汎用環境センサー「EveryStamp」を提供する。EveryStampは、人々の生活や行動を取りまくさまざまな環境情報を、Wi-Fiを利用してEverySenseサーバーにリアルタイムでデータを送信する小型センサー。

(2)スマートフォンから、EverySenseが提供するアプリケーション「EveryPost」を使って、スマートフォンが備える各種センサーのデータを提供する

 EveryPostを使うと、スマートフォンが備える加速度や角速度、方位、歩数、モーションアクティビィティ、位置情報、磁力情報といった情報を、スマートフォンが所有者が選択し、他人に提供できる。その際、スマートフォン所有者の氏名や住所、職業などの個人情報の公開/非公開を指定できる他、データ利用者の利用形態を判断して、提供可否を決められる。

(3)既に取得済みのデータをEverySenseに提供する  

(4)各種クラウドサービスに接続したデバイスで、クラウドサービスから取得したデータを提供する 

データ提供の方法
リファレンスプロダクト「EveryStamp」

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。