ニュース
» 2015年12月21日 08時53分 UPDATE

あらゆるデータにSQLでアクセス:米マイクロソフト、多様なデータの統合分析を可能にするMetanautixを買収

米マイクロソフトは2015年12月18日(米国時間)、Metanautixを買収したことを明らかにした。Metanautixは、多様なデータを統合することで、ビジネスデータ分析を支援する技術を持つ企業という。

[三木 泉,@IT]

 米マイクロソフトは2015年12月18日(米国時間)、ビジネスアナリティクスのためのデータ統合技術を開発してきたスタートアップ企業、Metanautix(「メタノーティックス」)を買収したことを明らかにした。

 マイクロソフトのデータグループ担当コーポレート・バイスプレジデントであるジョセフ・シロシュ(Joseph Sirosh)氏のブログポストによると、この買収は、多様なデータタイプで様々な場所に散在するデータを、一般企業が統合的に分析できる環境を提供するために行うという。

 Metanautixの技術は、結果的にサイロ化してしまっているデータ間の境界をなくし、「組織におけるデータのタイプ、サイズ、所在にかかわらず。『データサプライチェーン』の接続を行うもの」とシロシュ氏はいう。

 Metanautixは、SQL Server、Oracle Database、Teradataなどの従来型SQLデータベース、MongoDB、CassandraなどのオープンソースNo SQLデータベース、Salesforce.comなどのビジネスシステム、その他の多岐にわたるクラウドあるいはオンプレミスのデータストアにまたがるデータ統合を行えるという。

 「Metanautixのアプローチにおけるカギは、多岐にわたるデータタイプを、最も広く使われているデータ問い合わせ言語であるSQLで、高速かつ高い拡張性を維持する形で、問い合わせられるようにしていることにある」(シロシュ氏)

 マイクロソフトは、今後数カ月のうちに、Metanautixの技術をどのようにSQL ServerやCortana Analytics Suiteなどに統合していくかにつき、より詳しく説明するつもりと、シロシュ氏はブログポストで語っている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。