連載
» 2015年12月28日 05時00分 UPDATE

山市良のうぃんどうず日記(55:年末年始特別編):2015年、私的Windows&マイクロソフト10大ニュース (1/5)

本連載の2015年の締めくくりとして、2015年のWindowsおよびマイクロソフトに関連する10個の重大ニュースをピックアップしてみました。あくまでも筆者個人の見解です。

[山市良,テクニカルライター]
「山市良のうぃんどうず日記」のインデックス

連載目次

●第10位:Windows Server 2003のサポート終了

 2014年春は、Windows XPのサポート終了が一般ユーザーを巻き込む大きなニュースになりましたが、2015年7月15日(日本時間)のWindows Server 2003/2003 R2のサポート終了は、多くの企業(とサーバー管理者)に影響を与えたと思います。

 皆さんの会社では、Windows Server 2003ベースのサーバーの移行はもうお済みでしょうか。マイクロソフトの調査によると、サポート終了時点(2015年7月)でも、日本国内で約6万台のWindows Server 2003サーバーが稼働していたと推定されていました。最近、話題になることはほとんどありませんが、その後、残されたサーバーについても移行が進んでいるものと期待しています。

ALT 2015年7月15日の更新を最後に、Windows Server 2003に対してセキュリティ更新プログラムは提供されていない

●第9位:あれもこれもバージョン「10」に

 Windows 10は、内部バージョンも「10.0」です。これまでのWindowsには、製品名のバージョンとは異なる“内部バージョン”がありました。Windows Vistaの内部バージョンは「6.0」、Windows 7は「6.1」、Windows 8は「6.2」、Windows 8.1は「6.3」でした。

 2014年10月に公開されたWindows 10の最初のプレビュー版の内部バージョンは「6.4」でした。内部バージョンが「10.0」になることは2014年末からうわさされていましたが、2015年1月にリリースされた「Windows 10 Technical Preview ビルド9926」でそれが真実であることが明らかになりました。

 Windows 10が正式にリリースされてから半年が経過しようとしていますが、内部バージョンが「10.0」になったことは、運用管理作業をスクリプト化しているITプロフェッショナルや、アプリケーション開発者にとって、少なからず影響があったと思います。例えば、ユーザーエージェントでWebブラウザーの種類やバージョンを判定するようなWebサイトがある場合は、誤判定しないためには修正が必要だったでしょう。

 ちなみに、Windows 10では「Internet Explorer」や「Microsoft Edge」のユーザーエージェントも「Mozilla/5.0(Windows NT 10.0)」、リモートデスクトッププロトコル(RDP)のバージョンも「10.0」、インターネットインフォメーションサービス(IIS)のバージョンも「10.0」と、さまざまなコンポーネントのバージョンが「10.0」になりました。

 ファイル共有プロトコルの「SMB(Server Message Block)」も「10.0」、といきたいところですが、残念ながらWindows 10のSMBバージョンは「3.1.1」です。

 SMB 3.1.1はWindows VistaからSMB2プロトコルに含まれる最新のダイアレクト(「方言」という意味)であり、内部的には16ビットの値「0x0311」で識別されます。プロトコルの仕様上、一気に「SMB 10.0」(0x0A00)に変更できるようなものではないのでしょう。

 2015年11月に「November Update」あるいは「TH2(threshold 2)」とも呼ばれるWindows 10の最新ビルドがリリースされましたが、Windows 10の最新バージョンは「バージョン1511(ビルド10586)」で区別されるようになりました。最新の状態に更新されていれば、「ビルド10586.36」(2015年12月22日現在)という区別もあります。Windows 10をどう呼べばよいのか、状況によっては明確にする必要があるので、今後、面倒なことになりそうです。

ALT Windowsのあらゆるコンポーネントがバージョン「10」に
ALT Windows 10の最新バージョンはNovember Update、TH2とも呼ばれる「バージョン1511」。さらに細かくいうと「ビルド10586.36」(2015年12月22日現在)
       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。