ニュース
» 2015年12月25日 13時29分 UPDATE

IaaS、PaaSでOSSの成果を活用しながら技術貢献も:ヤフーがPivotal Cloud Foundryを採用、Pivotalと共同開発も推進

ヤフーがPaaS「Pivotal Cloud Foundry」を採用した。今後はPivotalと共同開発プロジェクトも進めていくという。

[原田美穂,@IT]

 ヤフーがプライベートクラウド環境にPaaS(Platform as a Service)ソフトウエア「Pivotal Cloud Foundry」を導入する。今後はPivotalと共同開発プロジェクトを展開、両社で新機能の開発を進めていくという。

yahookiji.gif ヤフーでは既にOpenStackの導入を進めている(「OpenStack、結局企業で使えるものになった?」- @IT)

 ヤフーではIaaS(Infrastructure as a Service)の領域でOpenStackを採用しており、その事例はOpenStack Summitや、@IT主催セミナーでも披露されている

 Cloud FoundryはオープンソースソフトウエアのPaaS基盤ソフトウエア。PivotalはCloud Foundry開発プロジェクトの中心的な存在でありスポンサーでもある。また、商用サポート版として「Pivotal Cloud Foundry」を展開している。今回、ヤフーが採用したのはPivotal Cloud Foundryだ。

 Pivotal Cloud Foundryは過去の記事で紹介したように、既にNTTコミュニケーションズや楽天、百度、ActiveState、インテルなどでも採用されている

 Cloud Foundryそのものについては「Cloud Foundryで始めるPaaS構築入門」で解説している通りだが、利点は、大まかにいえば、いわゆる「DevOps」のような機動的かつ継続的な開発・テスト・リリースのサイクルを回す際、OSやアプリケーション実行環境などのセットアップ、アプリケーションのビルドなどといった多くのプロセスを自動化できる点にある。

pivotalcloudfoundry.gif Pivotal Cloud Foundry(出典:Pivotalジャパン)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。