ニュース
» 2016年01月06日 19時41分 UPDATE

立体的な仮想空間への没入体験が身近に:Oculus Riftの一般予約が1月7日午前1時からスタート

Oculus Riftの一般予約が米国西海岸時間の2016年1月6日午前8時(日本時間1月7日午前1時)にスタートする。

[原田美穂,@IT]

 VRヘッドマウントディスプレイ「Oculus Rift」の一般予約が米国西海岸時間の2016年1月6日午前8時(日本時間1月7日午前1時)にスタートする。事前予約対象者全員に「Lucky's Tale」「CCP’s EVE: Valkyrie」の製品版タイトルがバンドルされる。今のところ、OS XおよびLinuxには非対応だ。

oculus_imagemh.gif 公式Webページでは48時間前からカウントダウン

 米Oculus VRでは、既に製品版のSDKバージョン1.0を2015年12月21日に配布している。ただし、この配布は製品出荷タイミングに合わせたコンテンツ開発を行っている開発者に限定したもの。製品版と同じランタイムで最終仕上げを進める目的の限定公開だという。

 通常の開発者であればDK2およびSDK 0.8が最新環境となる。Unityは標準でOculus Riftをサポートしており、Oculus VRの開発者向けフォーラムでは、対応するUnityのバージョン情報などが公開されている

 これまでOculus VRでは、Kickstarterを介して開発キットへの出資を募るなどしてきており、出資者はプロトタイプ製品を利用することができた。今回の予約では、一般向けに正式な「製品」として販売される。Oculus VRでは、開発キット支援者には製品版を無償で提供するとしている。

 これに先立つ2015年12月18日には「Gear VR」が日本でも発売されている。Riftと異なり、ディスプレイなどの機能をスマートフォンで代用する簡易版だ。

promo.gif 2015年11月には、Gear VRを使ったイベントが新宿駅前で行われていた。ただの狭い部屋の中に見えるが……(YouTubeより)
promo_fuyuyama.gif ヘッドマウントディスプレイを装着すると、冬山の中に
promo_real.gif 現実の「風」「気温」「吊り橋の揺れ」を再現すると錯覚が起こる。このイベントではPCとヘッドマウントディスプレイを無線で接続している

 Oculus Riftが注目される理由は、それまで数百万円規模の費用が掛かっていたヘッドトラッキング機能と両眼立体視が可能なヘッドマウントディスプレイを数万円程度で実現した点にある。2016年内には、この他にもマイクロソフトが「HoloLens」を、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)がPS4用の「Play Station VR」を発売予定であることから、VR体験が身近になると予想されている。

community.gif ゲームなどのコンテンツに加え、ユーザーコミュニティーも

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。