連載
» 2016年01月14日 05時00分 UPDATE

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(40):実運用への道に近づいた、新しい「Nano Server」[後編]

Windows Server 2016 Technical Preview 4(TP4)では、Nano Serverのデプロイ方法とサポートする機能が大幅に改善、強化されました。前回に引き続き、Nano Serverの主要な新機能をスクリーンショットで紹介します。

[山市良,テクニカルライター]
「vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目」のインデックス

連載目次

Nano Serverがサポートする役割と機能が大幅増加

 Windows Server 2016 Technical Preview(TP)3までの「Nano Server」は、以下の役割や機能をサポートしていました。

  • Hyper-V(画面1)
  • ファイルサーバの役割
  • フェイルオーバークラスタリングの機能
  • Windows Defenderの機能
  • アプリケーション互換性サポート
  • Hyper-V仮想マシン用のゲストドライバ
  • 物理サーバ用のOEMドライバ
画面1 画面1 Nano ServerのHyper-Vにリモートの「Hyper-Vマネージャー」から接続し、仮想マシンを実行しているところ

 これらはパッケージとして、Nano Serverのオフラインイメージに事前に組み込むか(「New-NanoServerImage」コマンドレットを使用)、オンラインで追加することができます(「DISM /Online /Add-Package」コマンドを使用)。

 Windows Server 2016 TP4のNano Serverは、上記に加え、以下の役割や機能、エージェントのサポートが追加されます。

  • DNSサーバの役割
  • IIS Webサーバの役割(画面2)
  • Containersの機能(画面3)
  • PowerShell DSC(Desired State Configuration)の機能
  • ネットワークパフォーマンス診断サービスの機能
  • データセンターブリッジング(DCB)の機能
  • System Center Virtual Machine Managerエージェント
画面2 画面2 Azure IaaS(Infrastructure as a Service)上の仮想マシンで実行中のNano ServerでIIS(インターネットインフォメーションサービス)を追加、実行したところ
画面3 画面3 Nano Serverをコンテナホストとして、Hyper-VコンテナおよびWindows Serverコンテナを作成、実行しているところ

System Center 2016によるエージェント管理に対応

 TP4のNano Serverは、Windows Server 2016 TP4と同時にリリースされた「System Center 2016 TP4」による管理に対応しています。

 System Center Virtual Machine Managerのエージェントは、Nano Serverのパッケージとして提供されています。このエージェントパッケージを追加すると、Nano ServerのHyper-VホストをSystem Center Virtual Machine Managerの管理対象として追加、管理することができます(画面4)。

画面4 画面4 System Center 2016 TP4 Virtual Machine Managerの管理対象として、Nano ServerベースのHyper-Vホストを追加できる

 また、System Center Operations Managerのエージェントも、System Center 2016 TP4 Operations Managerに同梱されています。System Center 2016 TP4 Operations Managerが提供するWindows PowerShellスクリプトを使用することで、エージェントをリモートインストールし、System Centerの管理対象に追加することができます(画面5)。

画面5 画面5 System Center 2016 TP4 Operations Managerは、Nano Server対応のエージェントをリモートインストールするPowerShellスクリプトを提供する

TP4のNano Serverを評価するには

 今回は具体的な手順は説明しませんでしたが、TP4のNano Server環境を構築するには、英語版のWindows Server 2016 TP4のインストールメディアを使用するなど、言語環境に関係する留意点がいくつかあります。筆者が試行錯誤したレポートを個人ブログにまとめてありますので、これからNano Serverを評価するという方は参考にしてください。

「vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目」バックナンバー

筆者紹介

山市 良(やまいち りょう)

岩手県花巻市在住。Microsoft MVP:Cloud and Datacenter Management(Oct 2008 - Sep 2016)。SIer、IT出版社、中堅企業のシステム管理者を経て、フリーのテクニカルライターに。マイクロソフト製品、テクノロジーを中心に、IT雑誌、Webサイトへの記事の寄稿、ドキュメント作成、事例取材などを手掛ける。個人ブログは『山市良のえぬなんとかわーるど』。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。