ニュース
» 2016年01月14日 17時49分 UPDATE

“建設中”のユネスコ世界遺産で稼働するITインフラの要件とは?:サグラダ・ファミリアに納入のデータセンターがアワードを受賞

米シュナイダーエレクトリックは、同社のカスタマイズ型プリファブデータセンターが、DatacenterDynamicsのモジュール型部門でDatacenterDynamicsリーダーズEMEAアワードを獲得したことを明らかにした。このデータセンターは、スペインのサグラダ・ファミリアに採用されている。

[@IT]

 米シュナイダーエレクトリックは、同社のカスタマイズ型プリファブデータセンターが、「DatacenterDynamics」のモジュール型部門で「DatacenterDynamicsリーダーズEMEAアワード」を獲得したことを明らかにした。このデータセンターは、ユネスコの世界遺産に登録されているスペインのサグラダ・ファミリアに採用されているという。

重要建造物ゆえのITニーズ

 サグラダ・ファミリアは、観光客向けのデジタルチケットや認証、入場ゲートなどの新しいシステムに対応するため、ITシステムの処理能力を向上させる必要に迫られていたという。さらに年間約300万人の訪問者で混雑する場所であることから、現場のセキュリティを維持することも重要事項だった。例えば、周辺には250個以上の監視カメラが設置されており、それらを制御する必要がある。

architecture_mh.gif 建設中のサグラダ・ファミリア(Bernard Gagnon氏がWikipediaに提供した画像)

まだまだ建築中、データセンターはどこに置く?

 ただし、サグラダ・ファミリアは現在も建設途中であり、建物の中に新しいデータセンターを建設できず、しかも今後は建設区域が移動するため可搬性が必要とされていた。さらに、高水準のセキュリティと保全レベルを維持しながら、絶えず進展する建設プロセスに対応できるよう、弾力的で柔軟性のあるデータセンターが求められていたという。

 そこで、このような特有のニーズに応えるため、設置スペースを最小限に抑えられ、必要なときに容易に移設できる、シュナイダーエレクトリックのカスタマイズ型プリファブデータセンターが選ばれたという。

 同データセンターは、ラックやUPS、配電機器、空調機器、マネジメントアプリケーションをプリインストールしたものをモジュールとしており、すぐに設置できる状態で納入する。モジュールの筐体は耐久性とセキュリティを考慮して設計してあり、またデータセンターモジュールやプリファブ内のインフラ機器を移動式として運用するため、電気的・機械的な切り離しも容易にできる構造にしてあるという。

prefab_mh.gif カスタマイズ型プリファブデータセンターイメージ(出典:シュナイダーエレクトリック)
press_image_mh.gif 受賞の様子(左)と実際のサグラダ・ファミリアのデータセンター(出典:シュナイダーエレクトリック)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。