ニュース
» 2016年01月15日 18時06分 UPDATE

東京銀行協会ビルに:FinTechのスタートアップ企業を支援、電通国際情報サービスが拠点を開設

電通国際情報サービスは、FinTech関連のスタートアップ企業の成長を支援する産業拠点「The FinTech Center of Tokyo Fino Lab」を開設する。有望なスタートアップ企業を発掘し、それらの企業がサービス開発に集中できる環境やリソースを提供する。

[@IT]

 電通国際情報サービス(ISID)は、三菱地所および電通と協業し、FinTech関連のスタートアップ企業の成長を支援する産業拠点「The FinTech Center of Tokyo Fino Lab」(フィノラボ)を、2016年2月1日に開設すると発表した。同社によると、こうした産業拠点を開設するのは日本初。

website_mh.gif 「Fino Lab」のWebサイトでは、ラボ立ち上げの予告が表示されている

 東京国際金融センター構想の中枢である大手町エリアに拠点を置き、活動全般の運営をISIDが担う。具体的には、有望なスタートアップ企業を発掘し、それらの企業がサービス開発に集中できる環境やリソースを提供する。さらに、専門家によるメンタリングの他、オープンコミュニティの形成を促す各種イベントの開催や、国内外の投資家や需要家とのマッチング機会創出などを実施する。

 運営に当たっては、FinTechに関連する各領域のプロである有志個人(弁護士、投資家、起業家、金融従事者など)が集まって2016年1月に設立予定の、一般社団法人 金融革新同友会「Finovators(フィノベーターズ)」と密接に連携する。ファイナンスや許認可、セキュリティ、海外展開など、スタートアップ企業の成長に必要な各領域のメンタリングを実施することで、特定の企業や業界にとらわれない、オープンなコラボレーションの場を創出する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。