連載
» 2016年01月20日 05時00分 UPDATE

Access VBAで学ぶ初心者のためのデータベース/SQL超入門(5):AccessでSQLのLIKE演算子を使って「あいまい検索処理」の機能を実装する方法 (1/3)

Accessを通じて、初心者がリレーショナルデータベースやSQLの基本を学び、データベースを使った簡単なシステムの作り方を習得する本連載。今回は、名前と住所による「あいまい検索処理」の機能をSQL文を使って実装する方法を解説する。

[薬師寺国安,PROJECT KySS]
title_access.gif
Access VBAで学ぶ初心者のためのデータベース/SQL超入門

連載目次

連載の目的と前回のおさらい

 本連載はMicrosoft Access(マイクロソフトアクセス 以下、Access)を使って、リレーショナルデータベース(RDB)やSQLの基本を学び、データベースを使った簡単なシステムの作り方を習得するものだ。

 前回はVBEの起動とデータ入力用フォームの作成、VBAを使った入力用コードやデータの検証処理を記述する方法などを解説した。

 今回は「顧客管理データベース」を題材に、名前と住所による「あいまい検索処理」の機能をSQL文を使って実装するところまでを解説する。

 第1回「どんなビジネスにも欠かせないリレーショナルデータベースの基礎知識と作り方――テーブル、レコード、フィールド、主キーとは」第2回「Access VBAでデータ入力フォームを作り、各コントロールを追加するためのデザインビューの使い方」で作成した「顧客管理.accdb」を今回も使用する。「顧客管理.accdb」をダブルクリックし、「ナビゲーションウインドウ」から「顧客管理テーブル」を開いてほしい。

データ入力フォームにコントロールを配置する

 まず、Accessメニューの「作成」タブを選択して、「フォームデザイン」を選択する(図1)。

photo 図1 「作成」タブから「フォームデザイン」を選択する

 「フォーム 1」のデザイン画面が表示される。この画面上へ、Accessのメニューに表示されている「コントロール」を配置していく。データ入力フォームに関する詳細は第2回「Access VBAでデータ入力フォームを作り、各コントロールを追加するためのデザインビューの使い方」で解説しているので、そちらも参照してほしい。

 今回作成するフォームは、フォーム画面の上部にある「フォーム1」タブ上で右クリック→「上書き保存」を選び、「データ検索フォーム」として保存しておく。

 「データ検索フォーム」では、以下のコントロールを配置する(表1、図2)。

配置するコントロールの種類 コントロール名
テキストボックス 検索氏名テキストボックス
テキストボックス 検索住所テキストボックス
リストボックス 結果リストボックス
ボタン 氏名検索ボタン
ボタン 住所検索ボタン
ラベル 標題や項目名
ラベル 検索結果個数ラベル
表1 配置する項目とコントロールの種類

photo 図2 各コントロールの配置例

ラベルを配置する

 最初に、各項目のタイトルとなる「ラベル」コントロールを配置する。「デザイン」タブの「コントロール」から「ラベル」を選択し、デザインフォーム上のラベルを置く場所に設置する。

 その後、設置したラベルをダブルクリックで選択し、「デザイン」タブの右の方にある「プロパティシート」をクリックすると、デザインフォームの右側に「プロパティシート」の設定枠が表示されるので「書式」タブを選択する。

 標題に「データ検索フォーム」、背景色に「ハイライト」、立体表示に「影付き」、フォント名に「Meiryo UI」、フォントサイズは「22」、文字配置は「中央」、フォント太さは「極太」と指定する。

photo (参考)「プロパティシート」の設定画面(再掲


テキストボックスを配置する(図2参照)

 次に、検索する「氏名」を入力する「テキストボックス」を配置する。

 配置すると「テキストボックスウィザード」が起動するので、それに従って各項目のプロパティを設定していく。なお、このテキストボックスウィザードを使用しなくても、後で「プロパティシート」から設定できる。プロパティシートの「その他」タブから、このテキストボックスの名前は「検索氏名テキストボックス」としておく。

 検索する「住所」を入力するテキストボックスも配置する。これも、表示される「テキストボックスウィザード」に従えばよい。テキストボックスの名前は「検索住所テキストボックス」としておく。

 続いて、左に配置されている「ラベル」のプロパティを設定する。「プロパティシート」の「書式」タブの標題に「氏名」と入力し、フォント名は「Meiryo UI」、フォントサイズは「14」、フォント太さは「極太」と指定する。

 以下、同じような手順で「電話番号テキストボックス」の「ラベル」も、「標題」に「電話番号」と指定し、「フォント」に関しては、「氏名」ラベルと同様に設定する。

 この「項目名(ラベル)」と「テキストボックス」は連動している。うまく配置できない場合は、「項目名(ラベル)」を選択して、右クリックで表示されるメニューから「切り取り」を実行。その後「貼り付け」を行うと、「項目名(ラベル)」と「テキストボックス」が分離される。「ラベル」と「テキストボックス」が分離して配置が容易になるので試してみてほしい。

検索ボタンを配置する(図2参照)

 次は、氏名と住所で検索するための「ボタン」を配置する。書式タブの標題には「レコードの検索」、フォント名は「Meiryo UI」、フォントサイズは「12」、配置は「中央」、フォントの太さは「太字」としておく。

 併せて、「その他」タブの名前で「氏名検索ボタン」と「住所検索ボタン」と指定しておく。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。