連載
» 2016年01月20日 05時00分 UPDATE

仕事が「つまんない」ままでいいの?(13):5つのポイントで成果につなげる「一年の計」の立て方 (1/3)

「一年の計は元旦にあり」と言いますが、1月は年間目標を立てるのに最適な時期です。仕事の不満や悩みを解消するヒントをお届けする本連載。今回は、成果につなげる「一年の計」の立て方のポイントをお話しします。※ワークシート付き

[竹内義晴(特定非営利活動法人しごとのみらい),@IT]
t_tanoshii.jpg
仕事が「つまんない」ままでいいの?

連載目次

 2016年、新しい年が始まりましたね。今年の計画は、もう立てましたか?

 お正月は来客があったり帰省したりと何かと忙しく、一人でじっくり考える時間がなかなかとりにくいものです。考えたとしても、「今年はいい年にしたいな〜」とか、「健康に気を付けよう」のように、ボンヤリと考えている程度だという方がほとんどではないでしょうか。

 アスリートが試合で成果を出せるのは、「○○大会で金メダルを取る」のような明確な目標を持ち、トレーニングをしているからです。目標は羅針盤となり、どこに進んだらいいのかを教えてくれると同時に、「よし、頑張ろう!」のようなモチベーションにもつながります。

 年末年始の慌ただしさが落ち着いた今の時期は、年間目標を決めるのに最適です。仕事の不満や悩みを解消するヒントをお届けする本連載、今回は「成果につなげる年間目標(一年の計)の立て方」のポイントを5つ紹介しましょう。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。