連載
» 2016年01月22日 05時00分 UPDATE

Tech TIPS:Chromeブラウザのタスクマネージャで重い処理を調べる

Chromeブラウザが重く感じるような場合は、Chromeタスクマネージャを使って、その原因を調べてみよう。もしあまり利用していない拡張機能が多くのメモリやCPUを消費しているのであれば、その拡張機能を無効化すればChromeブラウザを軽快にできる。

[小林章彦,デジタルアドバンテージ]
Tech TIPS
Windows Server Insider


「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象ソフトウェア:Google Chrome、Chromebook



解説

 グーグルが提供している無償のWebブラウザ「Google Chrome」は、さまざまな拡張機能やアプリが提供されており、Chromeブラウザ内だけでほとんどの作業ができるほどになっている。

 そのため、実にさまざまな拡張機能をインストールしたり、多くのタブを開いて作業をしてしまったりしがちだ。場合によっては、メモリが足りなくなったり、CPU使用率が高くなったりして、Chromeブラウザが重くなることがある。

 このような場合は、Chromeタスクマネージャを開いて、Chromeブラウザが使用しているメモリやCPUの状態を確認するとよい。本稿では、Chromeタスクマネージャの使い方などを解説する。

操作方法

●Chromeタスクマネージャの起動方法

 Chromeタスクマネージャを起動するには、以下の4つの方法がある。

  1. Chromeブラウザをアクティブにした状態で、[Shift]+[Esc]キーを押す(OS Xを除く)。なお開いているChromeアプリによっては、[Shift]+[Esc]キーがアプリに割り当てられており、タスクマネージャが起動しない場合がある。このような場合は、新しいタブを開いた上で、[Shift]+[Esc]キーを押す(Windows/Linux/Chromebookのみ)。
  2. ChromeブラウザのChromeメニューで[その他のメニュー]−[タスク マネージャ]を選択する。
  3. Chromeブラウザのタイトルバーを右クリックし、ポップアップメニューから[タスク マネージャ]を選択する(Windows/Linux/Chromebook)。
  4. Chromeブラウザをアクティブにした状態で、[Alt]+[Space]キーで表示されたメニューから[タスク マネージャ]を選択する(Windows)。
ChromeタスクマネージャをChromeメニューから起動する ChromeタスクマネージャをChromeメニューから起動する
  (1)Chromeメニューを開く。
  (2)[その他のメニュー]−[タスク マネージャ]を選択する。

 Chromeタスクマネージャでは、Chromeブラウザが使用しているタスクやプロセスが一覧表示され、それらが使っているメモリやCPU使用率、ネットワーク通信量、プロセスIDが表示される。

Chromeタスクマネージャの画面 Chromeタスクマネージャの画面
Chromeブラウザをアクティブにした状態で、[Shift]+[Esc]キーを押すなどすると、Chromeタスクマネージャを開くことができる。「メモリ」や「CPU」などの項目をクリックすると、そのフィールドでソートできる。
  (1)タスク名。
  (2)タスクが使用中のメモリ量。
  (3)タスクのネットワーク通信量。
  (4)選択したタスクを強制終了する場合は、[プロセスを終了]ボタンをクリックする。

 上記以外の項目も見たければ、Chromeタスクマネージャ上で右クリックし、ポップアップメニューから表示させたい項目のチェックをオンにする。

●重いプロセスがあるときは?

 Chromeブラウザが重いと感じた場合は、不要なタブを閉じたり、利用していない拡張機能を無効化したりするとよい。特に拡張機能の中には、メモリの消費量が多いものがある。活用している場合は仕方ないが、もしあまり使っていないのであれば無効化することで、Chromeブラウザが使用するメモリを削減できる。

 またタブや拡張機能が正しく動作しなくなってしまった場合、そのタブや拡張機能だけを、Chromeタスクマネージャで強制的に終了することも可能だ。タブを終了させても、タブは残ったままで、[再読み込み]ボタンをクリックするか、[F5]キーでWebページを再読み込みさせると、Webページの再表示が可能だ。

 なおChromeタスクマネージャを見ていると、Facebookなど一部のWebページを長期間開いたままの状態で、再読み込みを繰り返していると、メモリの消費量が増えることが分かる。たまにタブを閉じて、Webページを開き直すとメモリの消費量を抑えることができるので試してほしい。こうしたWebアプリなどの状態も、Chromeタスクマネージャで調べることが可能だ。

●Chromeタスクマネージャの終了方法

 Chromeタスクマネージャを閉じるには、アクティブにした状態で[Esc]キーを押せばよい。

「Tech TIPS」のインデックス

Tech TIPS

Copyright© 1999-2017 Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。