ニュース
» 2016年01月25日 07時00分 UPDATE

米レッドハットと協業拡大:米グーグル、同社クラウドGCP上でOpenShift Dedicatedを提供へ

米グーグルは2016年1月21日、Google Cloud Platform(GCP)における米レッドハットのOpenShift Dedicated提供に向けた作業を進めていることを、GCPのブログで明らかにした。提供時期は「coming months」とだけ表現されている。

[三木 泉,@IT]

 米グーグルは2016年1月21日(米国時間)、Google Cloud Platform(GCP)における米レッドハットのOpenShift Dedicated提供に向けた作業を進行中だと、GCPのブログで明らかにした。提供時期は「coming months」とだけ表現されており、明確ではない。

 OpenShift Dedicatedとは、レッドハットのPaaSプラットフォーム製品である「OpenShift Enterprise」を、パブリッククラウドサービス上で顧客専用の環境として動かし、これをレッドハットが運用するサービス。OpenShift Enterpriseをそのままパブリッククラウド上で動かすこともできる。だが、多くのユーザー企業は、PaaS基盤を自ら運用したくない。かといって、通常のパブリックPaaSサービスでは、主にセキュリティの観点で不安がある。こうした企業にとっての「第3の選択肢」がOpenShift Dedicatedだと、レッドハットは説明してきた。

 OpenShift Dedicatedは2015年6月に米レッドハットが開催したRed Hat Forumで発表され(「DockerでPaaSは離陸し、『分散アプリケーションシステム』に進化する、米レッドハット」)、2015年12月にAmazon Web Services(AWS)上で提供開始された。同サービスは、AWSの東京リージョンでも使える。

 今回明らかにされたのは、このOpenShift Dedicatedを、Google Cloud Platform上で提供する計画。OpenShiftの最新版は、DockerとKubernetesを中核的な要素として使っている。Kubernetesはグーグルが始めたオープンソースプロジェクトだが、レッドハットはこのプロジェクトに当初から協力しており、組織としてはグーグルに次ぐコントリビューションをしている。

 ブログポストは、「当初のフェーズで、KubernetesとOpenShiftを使ったコンテナのサポートが改善するとともに、データの活用を支援する強力なGCPのサービス群へのアクセスが実現する」と述べている。ここで述べているサービス群としては、ビッグデータ、アナリティクス、ストレージ関連を挙げている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。