連載
» 2016年01月27日 05時00分 UPDATE

CentOS 7で始める最新Linux管理入門(3):CentOS 7のネットワーク管理「NetworkManager」を極める (1/5)

「CentOS 7」は以前のバージョンからシステム管理に関する部分が大幅に変更されたため、「ハマる落とし穴」が幾つかあります。今回はネットワーク管理の仕組み「NetworkManager」の基礎から運用方法まで分かりやすく解説します。

[大喜多利哉,@IT]
backn2.gif

連載バックナンバー

 2014年7月にリリースされた「CentOS 7」では、以前のバージョンからシステム管理に関する部分が大幅に変更され、使い勝手も変わっています。本連載では、「Linuxコマンドの基礎的知識はあるが、systemdなどのCentOS 7の機能に対する理解はこれからというインフラエンジニア」を対象に、CentOS 7のシステム管理に関する部分を中心に新機能を解説していきます。

 第2回「CentOS 7のシステム管理「systemd」をイチから理解する」では、これまで使われてきた「init」の限界を克服するために作られた新しいシステム管理アーキテクチャである「systemd」を解説しました。

 今回は、CentOS 7で採用されたLinuxにおけるネットワーク管理のための仕組みである「NetworkManager」の基礎から運用方法までをイチから解説します。

「NetworkManager」とは

 NetworkManagerは、米レッドハットが開発した「Linuxにおけるネットワーク管理のための仕組み」です。もともとは、Linuxをデスクトップ用途で使用する際にGUI(Graphical User Interface)でネットワークの設定変更を行うためのユーザーインタフェースでした。その後、「nmcli(NetworkManager Command Line Interface)」や「nmtui(NetworkManager Text User Interface)」などの管理インタフェースが追加され、CentOS 7からは標準のネットワーク管理方法になりました。

「NetworkManager」のアーキテクチャと管理インタフェース

 NetworkManagerによるネットワーク管理は以下の要素で構成されています(図1)。

photo 図1 NetworkManagerのアーキテクチャ
  1. 管理インタフェースと外部プログラム(NetworkManagerに命令を出す)
  2. NetworkManager(管理インタフェースと外部プログラムから命令を受け取り、処理する)
  3. OS(NetworkManagerによって定義された設定が反映される)

 NetworkManagerに対してネットワーク設定の操作指示を行う「管理インタフェース」は、nmclinmtuiGNOME Control Centerの3種類があります。順に解説します。

 「nmcli(NetworkManager Command Line Interface)」は、コンソールやターミナル上からコマンドを入力してネットワークの設定を行うプログラムです。Linuxサーバの管理ではコマンドベースの作業が中心になり、また、シェルスクリプトで自動化するシーンとの相性が良い特徴があります。このため、本稿では主にnmcliを用いて解説していきます。

 「nmtui(NetworkManager Text User Interface)」は、コンソールやターミナル上で使える文字ベースのGUIです。これまでのCentOSでもsetupコマンドの青と赤の画面で構成されるメニューがありましたので、ご存じの方も多いでしょう。

 「GNOME Control Center」は、デスクトップ環境で動作するGUIです。サーバ用途ではデスクトップ環境の「X Window System」はあまり使いませんので、今回は割愛します。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

Focus

- PR -

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。