ニュース
» 2016年01月27日 13時40分 UPDATE

国内での企業利用を促進:セールスフォース・ドットコム、Heroku Enterpriseで新機能発表

セールスフォース・ドットコムは企業向けPaaS基盤の「Heroku Enterprise」で2016年1月27日、3つの新機能を発表した。「これにより、Heroku Enterpriseは、開発者向けのツール提供だけでなく、企業レベルの制御基盤を提供」するという。

[三木 泉,@IT]

 セールスフォース・ドットコムは「Heroku Enterprise」で、3つの新機能を発表した。「これにより、Heroku Enterpriseは、開発者向けのツール提供だけでなく、企業レベルの制御基盤を提供」するという。

 HerokuはパブリックPaaSとして人気の高いサービス。2010年に米セールスフォースに買収された。その後セールスフォースはHerokuと同社サービスの統合を推進。特にHerokuを企業向けにしたHeroku Enterpriseでは、Salesforceとの自動連携が特色となっている。

 新機能は次のとおり。

Heroku Private Spaces

 これは各テナントに対し、ネットワーク的に分離された専用のHerokuランタイムを提供する機能。アプリケーション実行環境やデータベース機能の利用におけるセキュリティを向上する。データサービスについても。各ユーザー組織が自身のプライベートスペース内で作成、運用できる。従ってアプリケーションとデータベースとの間のトラフィックはプライベートネットワーク内で完結する。一方で、Salesforceとの安全な通信が可能。

im_ait_herokue01.jpg Private Spacesでは、顧客ごとに専用のランタイムが利用できる

マルチリージョン対応

 Heroku Private Spacesはマルチリージョン対応している。アプリケーションの応答速度やコンプライアンスの要件に応じ、オレゴン、バージニア、フランクフルト、そして東京から配備先を選択できる。特に、Heroku Entperiseが初めて東京で動かせるようになったことで、日本のユーザー組織にとっては、アプリケーションの応答速度が向上するメリットがあるという。

シングルサインオンへの対応

 Heroku Enterpriseでは、SAML 2.0サポートによるシングルサインオン機能が、一般提供開始された。これにより、Active Directory、LDAP、Salesforceなどの認証を使ったHeroku Enterpriseへの自動ログインができる。「アプリケーションの開発・運用を担当する部門は、自社内の標準に合わせたアクセス管理ポリシーとHerokuのアクセス権限管理を統合することができ、一貫した情報資源の運用が可能になる」という。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。