Loading
ニュース
» 2016年01月28日 14時02分 UPDATE

大変なこともいろいろあったけれど楽しかったよ:さよならJavaアプレット。JDK 9からWebブラウザプラグイン機能を排除

ついに、Javaアプレットとお別れをする時が近づいてきた。

[原田美穂,@IT]
mh_blog.gif Javaプラットフォームグループのブログ

 米オラクルは2016年1月27日(米国時間)、Javaプラットフォームグループのブログで、JDK 9からJavaブラウザプラグインを非推奨にすると発表した。今後のJava SEのリリースではOracle JDK、JREには含まれなくなる。

 この発表の背景として、オラクルでは主要ブラウザベンダーがプラグインの標準サポートを廃止ないしは廃止すると表明したことを挙げている。Javaに限らず、FlashやSilverlightなども同様に標準ではサポートされないオプションとなる予定だ。

 こうしたことから、オラクルでは「プラグインフリー」な実装を推奨していくとし、Javaプラグインを前提とした既存アプリケーションについては、2001年から提供し続けている「Java Web Start」テクノロジーに移行し、Webブラウザに依存しない実装にすることを推奨している。

 既存のJavaアプレットをJava Web Startに移行する方法は「the Applet Development Guide」のドキュメントで紹介されている。

java_migrationguide.gif Java Web Sartへの移行方法のドキュメント

 JDK 9のアーリーアクセスリリースは既に公開されている。

*訂正のお知らせ:記事では当初、JDK 9から「切り離す」という表現を使っていましたが、「非推奨」に変更いたしました(29 Jan 2016 17:19:00 +0900)。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

Focus

- PR -

編集部からのお知らせ

@IT編集部では、編集記者を募集しています。ご興味のある方は奮ってご応募ください。

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。