ニュース
» 2016年01月28日 15時20分 UPDATE

モダンなハイブリッドクラウド環境への移行を支援:Linux専用メインフレーム「LinuxONE」を強化

米IBMが、同社のLinux専用メインフレーム「LinuxONE」の機能強化を発表。ハイブリッドクラウドへの対応や、現代的なアプリケーション開発環境の整備も進められている。

[@IT]

 米IBMは2016年1月26日(米国時間)、Linux専用メインフレーム「LinuxONE」の機能強化を発表した。

NoSQL、Node.js、Goに最適化、現代的な環境を取り込む

 今回の機能強化では、NoSQLデータベース「Cloudant」とNode.jsソリューション「StrongLoop」がLinuxONE向けに最適化されて組み込まれる。これにより、クラウド向けのセキュアなアプリケーションを、効率よく開発・導入・運用できるようになるとしている。

 同時に、他社との協業を通じて、LinuxONEのエコシステムを拡充することも発表。既に、グーグルが開発したプログラミング言語「Go」がLinuxONEに移植されている。IBMでは、2016年夏にはGo言語コミュニティーにコードを寄贈する予定とのことだ。

GitHubの「LinuxONE and Linux on z Systems Open-source Team」

クラウド運用管理はOpenStackの成果物も利用。Ubuntuもサポート

LinuxONEの筐体イメージ(出典:IBM)

 クラウド運用管理向けの取り組みも強化される。パブリック/プライベート/ハイブリッドクラウド管理ツールでは、OpenStack開発コミュニティーで技術的な協業を進めているSUSEのツールを採用するとしている。

 また、提供するLinuxディストリビューションとして、既存のSUSE Linux、Red Hat Enterprise Linuxに加え、カノニカルが開発する「Ubuntu」も用意するという。

 この他、2016年3月には、LinuxONE向けにIBM Open Platform(IOP)の無償提供を開始することも発表された。IOPは、Apache SparkやApache HBaseの他、Apache Hadoop 2.7.1などを含む、アナリティクスやビッグデータ向けのパッケージ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。