ニュース
» 2016年01月29日 16時39分 UPDATE

Azure SQLは5倍、EMSは3倍に:マイクロソフトのQ2決算、企業向けクラウドが好調

マイクロソフトがQ2の決算を発表した。全体では低調な結果となったが企業向けクラウドサービスの成長が目立った。

[@IT]

 米マイクロソフトが1月28日(米国時間)に発表した第2四半期(2015年10〜12月期)決算は、売上高が前年同期比10%減の237億9600万ドル、純利益は15%減の49億9800万ドル(1株当たり62セント)だった。非GAAP(Generally Accepted Accounting Principles)ベースの売上高は257億ドル、純利益は63億ドル(1株当たり78セント)。売上高減少には、コンシューマー向けPCの販売鈍化とドル高が響いた。

overview_mh.jpg

  ただし、企業向けクラウドサービスは好調で、Microsoft Azureやサーバ製品などを扱う「Intelligent Cloud」部門の売上高は5%増の63億4300万ドル、営業利益は25億8000万ドルだった。

Azure SQLは5倍、EMSは3倍に

  Azureプレミアムサービスが前年比3倍の伸びで、Azureの売上高は、為替変動の影響を除けば140%増だった。Azure SQLの利用は約5倍に増えている。

 企業でのモバイル端末管理を支援するソリューション「Enterprise Mobility Suite(EMS)」の導入は前年比で3倍近くに増加した。

 microsoft 1 Intelligent Cloud部門の売上高推移

 同社のサティア・ナデラCEOは発表文で「世界中の企業がMicrosoft Cloudを意欲的な改革のためのデジタルプラットフォームとして活用している」と述べている。

 ナデラ氏は業績発表後の電話会見で、企業向けクラウドサービスの年間収入が前年比70%増の94億ドルとなり、かねて目標としている2018年度末までの200億ドル達成に近づいたと語った。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。