ニュース
» 2016年02月01日 16時48分 UPDATE

GPUインスタンスを活用、CPUのみでも利用可:AWS/Azure上でTensorFlow、CNTKを――機械学習環境のマネージドサービスが登場

クラスキャットが、機械学習環境のマネージドサービス「ClassCat Deep Learning Service v2」の提供を発表した。Amazon Web ServicesとMicrosoft Azureに対応する。

[@IT]

 クラスキャットは2016年2月1日、機械学習環境のマネージドサービス「ClassCat Deep Learning Service v2」の提供を開始したことを発表した。Amazon Web Services(AWS)またはMicrosoft Azure(Azure)に対応する。

 同サービスは、AWSやAzureが提供しているGPU対応の仮想サーバインスタンスを用いており、「Ubuntu Server 14.04 LTS」に、事前にGPU対応ドライバとアクセラレータをインストールしてある。これに加えて、米マイクロソフトリサーチがオープンソースライセンスで公開している深層学習ツールキット「CNTK(Computational Network Toolkit)」または、米グーグルが2015年11月にオープンソース化した深層学習フレームワーク「TensorFlow」を利用できる。深層学習は、多層構造の深層ニューラルネットワークモデルによる機械学習手法の一つ。

 ClassCat Deep Learning Service v2を利用するにはGPUインスタンスの利用が望ましいが、導入ハードルを下げることを目的に、CPUのみの構成でも利用できるようにしてあるという。

 この他、各種チュートリアルを含む日本語ドキュメントが用意されており、導入コンサルティングサービスのメニューも提供される。

 なお、CNTKは多様なモデルを利用できることに加え、スケールさせやすくマルチGPUなどの利用が容易な点が特徴。TensorFlowは、データフローグラフとして表現できさえすれば処理できる柔軟性があり、同じコードがCPUとGPUの両方で動作する点が特徴。

classcat.gif クラスキャットのWebサイト クラスキャットのWebサイト メニューには「CNTK」「TensorFlow」が用意されている

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。