ニュース
» 2016年02月02日 19時41分 UPDATE

アドバンテックと日本IBM、IoT向けPaaSで協業:産業用コンピュータ向けPaaSがIBMのクラウドと連携、日本国内のスマートファクトリを推進へ

アドバンテックと日本IBMがIoTソリューションの提供に関して協業すると発表した。

[@IT]

 アドバンテックと日本IBMは2016年2月2日、IoT(Internet of Things)ソリューションの提供に関して協業すると発表した。

 アドバンテックの産業用コンピュータ向けPaaS(Platform as a Service)「WISE-PaaS」が、IBMのIaaS(Infrastructure as a Service)「SoftLayer」やPaaS「IBM Bluemix」と連携可能になったことで、ユーザー企業はこれらの環境を利用してIoT関連アプリケーションを開発・実行できるようになる。

 WISE-PaaSは、IoT向けハードウェアが収集したデータを管理する機能や、ハードウェアの状態を監視する機能などを、RESTFul APIを使ってクラウドサービスから利用できるようにするPaaS。IoT向けハードウェアとしては、シリアル通信やイーサネット、アナログI/O、デジタルI/O、ワイヤレスセンサーノードなどに対応する。

wisepaas_mh.gif WISE-PaaSの全体像(出典:アドバンテック)

 今回の連携によって、例えばアドバンテックのIoT向けハードウェアで収集した工場設備機器の稼働状況データを、IBMのクラウド上で可視化できるようになる。両社は、こうしたソリューションを設備保全などに役立てる「スマートマニュファクチャリング」市場に向けて提案していくという。

 今後は、アドバンテックのさまざまなハードウェアプラットフォームと、ITシステムに関する日本IBMのノウハウを組み合わせて、IoT関連事業のビジネス拡大に向けて協力するとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。