ニュース
» 2016年02月03日 11時53分 UPDATE

ハイブリッドクラウドをAzureのデザインで:Azureと一貫性のある環境を手元に――Azure Stackのテクニカルプレビュー版が公開

Microsoft Azureと同じ環境をオンプレミスに構築できるAzure Stackが、ついにテクニカルプレビュー版として登場しました。

[新野淳一,Publickey]

 「Azure to Your Datacenter」(Azureをあなたのデータセンターに)というフレーズでマイクロソフトが2015年5月に発表したソフトウェアが「Azure Stack」です。

 Azure Stackはこのフレーズの通り、Microsoft AzureのIaaS(Infrastructure as a Service)とPaaS(Platform as a Service)の機能、ネットワークコントローラーやストレージコントローラー、ロードバランサーなどのサービス群、利用者向けダッシュボードなどを含む環境を、そのままオンプレミスで利用可能にするソフトウェアです。

 マイクロソフトは2016年1月29日(米国時間)、このAzure Stackのテクニカルプレビューを公開しました。当初は2015年夏に公開予定と伝えられていましたので、約半年程度の遅れとなっています。

 マイクロソフトはAzure Stackを登場時から「クラウドと一貫性がある」(Cloud-consistent)と説明しています。つまりAzure StackはMicrosoft Azureのソフトウェアを「そのまま」ではなく、「一貫性を保つ」ように新たに(あるいは別途)実装されたものと推察されます。

 Azure Stackの実行に必要なハードウェア要件は、最小構成がデュアルソケットの12物理コア、96GBメモリ、システム用に200GBストレージ、汎用ストレージとして140GBストレージが4基などで、推奨構成としてはデュアルソケットの16コア、128GBメモリ、システム用に200GBストレージ、汎用ストレージとして250GBストレージが4基など。

 マイクロソフトは同社のクラウド戦略の強みの1つとして、パブリッククラウドと同時にオンプレミス用のOSなど基盤ソフトウェアも展開していることで、ハイブリッドクラウドの構築に強い点を挙げています。

 Azure Stackは、そうした同社のハイブリッドクラウド戦略をさらに推し進めるものであることは間違いないでしょう。

(本記事はPublickeyから許可を得て@IT向けに加筆修正して転載しています。転載元

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。