ニュース
» 2016年02月04日 18時53分 UPDATE

「Stretch Database」やインメモリ機能強化を盛り込む:SQL Server 2016 CTP 3.3が公開

「SQL Server 2016」のCTP 3.3が公開された。正式リリースに向け「Stretch Database」やインメモリデータベース機能の強化が多数盛り込まれている。

[@IT]

 米マイクロソフトは2016年2月3日(米国時間)、次期データベースプラットフォームの最新プレビュー「SQL Server 2016 Community Technology Preview (CTP) 3.3」のダウンロード配布開始を公式ブログで発表した。目玉機能である「Stretch Database」やインメモリデータベース関連の機能強化が多数盛り込まれている。

 SQL Server 2016 CTP 3.3は、「Microsoft Azure」のマーケットプレースから仮想マシンイメージとして入手することもできる。

vmimage_mh.gif マーケットプレースで公開されているSQL Server 2016 CTP 3.3

Stretch Databaseのさらなる強化

 Stretch Databaseは、オペレーショナルテーブルを安全な方法でAzureに拡張し、過去のデータを経済的に利用するための技術。透過的にMicrosoft Azure上のSQL Databaseサービスを利用できる。CTP 3.3では、最大60TBまで利用できる「Azure Stretch Databaseエディション」のプレビューが含まれている他、ポイントインタイムリストア機能や地理的フェイルオーバー機能などが盛り込まれている。

database_stretch_mh.gif 米マイクロソフトのStretch DatabaseのWebサイトより

インメモリOLTPの強化

 CTP 3.3では、インメモリOLTP(Online Transaction Processing)実行時のメモリ最適化テーブルで、統計情報の自動アップデート機能が加わった他、サンプル統計情報に基づくメモリ最適化テーブル生成が可能になるなどの機能強化が行われている。

 この他にも、DirectQueryモードで動作する「Analysis Services」の「Tabular Models」において、ロールの定義や計算結果列の作成の際にDAXフィルターが利用可能になっており、Reporting ServicesのWebポータルもアップデートされている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。