連載
» 2016年02月10日 05時00分 UPDATE

仕事が「つまんない」ままでいいの?(14):上司の一言にイライラ!――「乱れた心」の整え方 (1/2)

自慢げで嫌みっぽい上司の一言に「イラッ!」としたことはありませんか? 仕事の不満や悩みを解消するヒントをお届けする本連載。今回のテーマは、イライラしたときの「乱れた心」の整え方です。

[竹内義晴(特定非営利活動法人しごとのみらい),@IT]
t_tanoshii.jpg
仕事が「つまんない」ままでいいの?

連載目次

 先日、あるエンジニアから相談を受けました。何でも、その方の上司が嫌みっぽい人で、その言動に「イラッ!」とするのだそうです。

 例えば、「もっと早く(プログラム)組めないの? オレが若いころはもっとガリガリ組んだものだけどな」と自慢げに話したり、「その案件、○○さんマターでお願い」のようにやたらと英単語を使うのが好きで、「マターって何ですか?」なんて尋ねた日には、「そんなことも知らないの?」と、人を小ばかにした言い方をしたりするのだそうです。

 それらの言動にイライラし、思わず「言うだけで自分じゃ何もしないくせに!」「日本語で言えよ!」と心の中で思ってしまうのだとか。

 本当は仕事に集中したいのに、度重なる上司の嫌みな言動の数々にイライラする毎日。「上司に何を言われてもイライラしない、怯まない、強靭な心を持つためにはどうすればいいのでしょうか」というのが彼の相談でした。

 程度の差こそあれ、いますよね。こういう上司。いや、上司に限らず、すぐにサボりたがる同僚や部下、わがままな顧客など、「イライラ」の原因は職場のアチコチにあるでしょう。

 仕事の不満や悩みを解消するヒントをお届けする本連載。今回のテーマは、イライラしたときの「乱れた心」の整え方です。

抑え込むほど湧いてくるイライラ感

 相談者が「上司に何を言われてもイライラしない、怯まない、強靭な心を持つためにはどうすればいいか」と質問しているように、「感情のコントロール」とは、「起こっている感情を抑え込もうすることだ」と考えている人が多いのではないでしょうか。

 けれども、抑え込もうとすればするほど湧いてくるのが感情です。あなたにもありませんか? 本当はイライラした気持ちを抑えたいのに、抑えようとすればするほどイライラしてしまった経験が。感情というのは実に厄介なものですね。

 それでも無理に抑え込もうとすると、精神的に制御不能になったり、抑うつ状態になったりしてしまうかもしれません。嫌みな上司の一言が負担になるなんて……悲し過ぎます。

 では、「乱れた心」を整えるためには、どうすればいいのでしょうか。

抑え付けず、流されず

 「乱れた心」を整えるポイントは、「感情を抑え付けない」ことです。

 だからといって、「昔を自慢すんなよ!」「日本語で言えよ!」と、やみくもに本音を言えばいい……というわけでは、もちろんありません。怒りを発散しようとすると頭の中が興奮し、さらに「イラッ!」のスイッチが入ってしまいます。また、相手は毎日顔を合わせる間柄です。上司ですから評価に関わるかもしれませんし、人間関係がぎくしゃくしたら、それこそ毎日が地獄です。

 では、乱れた心を整理するためには、どうすればいいのでしょうか。

 心理学者のダニエル・ゴールマンは、著書「EQ こころの知能指数」(講談社)の中で次のように言っています。

脳の構造からいって、情動が生起するタイミングや内容をコントロールすることはほとんど不可能だ。

 イライラする気持ちは自然に湧き起こってくるものです。情動(感情)が起きるタイミングを意識の力でコントロールするのは難しい。そこで、上司の言動にイライラしたら、その感情を無理に抑え込まず、「イライラするのは仕方のないことだ」「イライラしてもいいんだ」と、イライラする自分を「よし」としてしまいましょう

 また、ダニエル・ゴールマンはこうも言っています。

ただし、情動の持続時間はコントロールできる。

 つまり、イライラするのは仕方のないことだけれど、持続時間は短くできるよ……ということ。「抑え付けず。でも、流されず」のスタンスです。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。