ニュース
» 2016年02月12日 17時00分 UPDATE

週末チャレンジ:「いきなり役員面接権」あげます──ジャストシステムから「挑戦状」が届きました

ジャストシステムより、ITエンジニアを目指す新卒の皆さんへ「挑戦状」が届きました。優秀者は就活の近道となる「いきなり役員面接権」がもらえるそうです。

[岩城俊介,@IT]

 日本語入力システム「ATOK」、日本語ワードプロセッサ「一太郎」で知られるジャストシステムより、ITエンジニアを目指す皆さんへ「挑戦状」が届きました。

 この挑戦状は、ATOKを開発したトップエンジニアが用意した「コーディング脱出ゲーム」を解けたならば「いきなり役員面接権」をあげるので、我こそはという就活生、カモーンというものです。同社への就職を希望する人は、採用試験のプロセスを幾つもすっ飛ばせる「就活の近道」が得られます。自身の実力をこのゲームで示せばよいわけですね。

photo ゲームの流れ

 望まれているプログラミングスキルは「C」「C++」「Java」のいずれかです。

 開始は2016年2月19日から。開始までに、プレ問題で「三つの暗号」を入手しておくとゲームが有利に進められるそうです。

photo 「三つの暗号」を入手するプレ問題

 ジャストシステムは、ATOKや一太郎、スマホ向けサービスだけでなく、ノンプログラミング型の顧客管理システム構築ソフトウェア「UnitBase」、BI(ビジネスインテリジェンス)ツール「Actionista!」、企業内文書検索システム「CBES」などの法人・官公庁向け業務システムやサービスにも注力しています。先日、親会社キーエンス出身で38歳の関灘恭太郎氏が3月1日付で社長に就任するトップ人事が発表され、「これまでの資産を生かし、新規事業分野にも積極的に参入して事業領域を拡大する」とコメントしています。

 この新体制と事業領域の拡大を支える若い人材を望む! ということでしょう。当然、ホイホイと役員面接権を与えるわけにもいきませんから、“トッププログラマー”が本気を出した、極めて難しい問題となり、その採点も厳しいことが予想されます。同じく“本気”の就活生の皆さん、ぜひ挑戦してみてください。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。