ニュース
» 2016年02月12日 18時21分 UPDATE

クラスタリングで大規模開発に対応:GitHub、「GitHub Enterprise 2.5」を公開

米GitHubが「GitHub Enterprise 2.5」を公開。より大規模な開発に対応する機能を追加し、セキュリティや管理機能も強化された。

[@IT]

 ソフトウェア開発プロジェクト共有サービスのGitHubは2016年2月9日、企業向けライセンスモデルの最新版となる「GitHub Enterprise 2.5」を公開した。

photo 「GitHub Enterprise 2.5」の変更ポイント

 GitHub Enterprise 2.5では、より大規模な開発への対応とともに、セキュリティや管理機能が強化された。新たにクラスタリングに対応し、複数のノードにわたるスケールアウト構成を可能とした。開発メンバーが数万人規模に渡る大規模開発にも対応できるようになったという。

photo クラスタリングに対応し、複数のノードにわたるスケールアウト構成が可能になった

 この他に、集中的オペレーションのキャッシュ機能を備えた。大規模開発の現場で大勢が同じタイミングでフェッチ(git fetch)を実行すると、ファイルサーバに負荷が掛かり、レスポンスの低下を招く恐れがあった。GitHub Enterprise 2.5では、集中的オペレーションをキャッシュする方法を取り入れ、極度のリクエスト集中で発生するパフォーマンス低下への耐久性を改善したという。

 ブランチの保護機能も強化した。ブランチ保護機能は、対象とするブランチを他の開発者が削除/上書きできないよう保護するもので、前バージョンのGitHub Enterprise 2.4でも備わっていた。GitHub Enterprise 2.5では、こうした体制をより確実にする専用API「プロテクト・ブランチAPI」が導入された。

 管理画面やユーザーインタフェースも一新した。リポジトリのページレイアウトをシンプルにし、内部のコードパフォーマンスを改善。リポジトリのやりとりにSVNコマンドを使うユーザーに向けて「Subversion 1.8/1.9」もサポートされる。

photo GitHub Enterprise 2.5.0のダウンロードサイト

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。