ニュース
» 2016年02月15日 16時42分 UPDATE

オンライン教材も提供:日本オラクルがクラウド型BIサービスの認定資格をスタート

日本オラクルは、新たな認定資格「Oracle BI Cloud Service Bronze, Certified BI Specialist」と、そのためのオンライン教材を提供開始する。

[@IT]

 日本オラクルは2016年2月15日、新たな認定資格「Oracle BI Cloud Service Bronze, Certified BI Specialist」と、そのためのオンライン教材を提供開始すると発表した。

 Oracle BI Cloud Service Bronze, Certified BI Specialistは、同社のクラウド型BIサービス「Oracle Business Intelligence Cloud Service(Oracle BI Cloud Service)」に対応する資格。Oracle BI Cloud Serviceを活用できる人材の早期育成を支援することが目的。

 同資格は、Oracle BI Cloud Serviceを利用してデータを分析するユーザーが対象で、レポート要件に沿ってデータを絞り込んだり、基本的なグラフを利用したレポートを効率よく作成したりできる知識とスキルを認定する。

 オンライン教材は、「オラクル・ユニバーシティ」のEラーニング・サービス「Oracleラーニング・ストリーム」のコンテンツの1つとして提供される。

oracle_cloudbi_mh.gif

 日本オラクルでは、オンライン教材を利用することで、試験の出題トピックスを効率的に学習でき、試験合格に必要なOracle BI Cloud Serviceの知識とスキルが短期間で習得できるとしている。受講料は11万268円(税込)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。