ニュース
» 2016年02月17日 18時15分 UPDATE

MVNO事業者向けの通信最適化ソリューション:HTTPS通信に着目し、コンテンツやユーザー行動を基に通信を最適化――NEC

NECは、携帯電話通信事業者向けの通信トラフィック制御ソリューション「Traffic Management Solution(TMS)」を機能強化した。QoEを維持したままトラフィックを最大で30%削減するよう、HTTPS通信時の最適化性能を向上させた。

[@IT]

 NECは2016年2月17日、携帯電話通信事業者を対象とした通信トラフィック制御ソリューション「Traffic Management Solution(TMS)」の仮想移動体通信事業者(Mobile Virtual Network Operator:MVNO)向け機能を強化し、販売を開始すると発表した。

 今回、機能を強化したTMSでは、QoE(Quality of Experience)を維持したままトラフィックを最大で30%削減するよう、HTTPS通信時の最適化性能を向上させている。さらに、動的TCP最適化機能を新たに実装。これにより、MVNOのネットワークが混雑しているときに発生しがちなパケットロスを抑制し、スループットが2倍以上に向上するという。

 これらの機能によってMVNOは、移動体通信事業者(Mobile Network Operator:MNO)との契約帯域の利用効率が向上し、より快適なサービスをエンドユーザーに提供できるとしている。

tms_image_mh.gif TMSの設置イメージ(出典:NEC)

動画配信時に利用されるHTTPSに着目、コンテンツやユーザー行動を基に制御

 最近ではスマートフォンなどモバイル機器での動画配信サービスの利用が拡大しており、HTTPS通信の比率が急増している。そのため、モバイル通信ネットワークを効率よく運用するには、HTTPS通信を効率よく暗号化し、同時にトラフィックを最適化する必要がある。

 MVNO事業者にとっては、混雑時のパケットロスやスループット低下に加え、ユーザー数やトラフィックの急激な増加による契約帯域超過など、通信帯域の有効活用やQoEの維持が課題になっている。

 そこで同社は、モバイル通信ネットワーク上を流れる動画やWebなどコンテンツの種類を推定する精度の向上を目指し、HTTPS通信の特性を基にコンテンツの種類を推定する独自アルゴリズムを強化した。さらに、時間帯やネットワークの混雑度に応じて、エンドユーザーがアクセスするサイトごとに通信速度を制御する機能を新たに実装した。

nec_packetloss_mh.gif 動画配信時のパケットロス削減 今回の機能強化ではページングによるパケットロス対策だけでなく、HTTPSの通信でのコンテンツ推定精度が高まっているため、通信を最適化しやすくなっているという(出典:NEC)

 NECによると、TMSはアジア・太平洋地域を中心に10社以上の通信事業者に採用されているという。同社では、このようなTMSの機能を強化し、全世界に提供することで、通信事業者の競争力を向上させるとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。